展覧会情報

夢二と京都の日本画展 – 詩情あふれる若々しい美人画を求めた竹久夢二

静岡市美術館で2017年2 月 18 日(土)から3 月 26 日(日)まで、「夢二と京都の日本画」展が開催される。

“夢二式”という言葉をご存知だろうか。大正時代を代表する画家竹久夢二(1884-1934)の描く長い睫毛と大きな瞳の物憂げな美人は、「夢二式」として社会現象になるほど広まった。

夢二だけでなく、明治末期から大正にかけての京都では、西洋画と日本画を融合させた竹内栖鳳や気品あふれる美人画を描いた上村松園ら活躍していた。夢二もまた、同時代の京都で制作を行っている。

 

竹久夢二《秩父丸メニュー》昭和初期 三鷹市蔵(髙相コレクション)

斬新な日本画を模索した夢二と京都の日本画という接点に着目して、静岡市美術館では夢二の作品と資料約 80 点に京都の日本画約 40 点を合わせた約 120 点を公開する。

上村松園《春光》(部分)昭和戦前期 京都市美術館

 

開催期間 2017 年 2 月 18 日(土)-3 月 26 日(日)

休館 毎週月曜日(ただし 3 月 20 日は開館)、3 月 21 日(火)

時間 10:00~19:00(入場は閉館の 30 分前まで)

会場 静岡市美術館

住所 静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F

公式ページ http://www.shizubi.jp/index.php

 

※トップ画像:竹久夢二《鴨東夜花》大正後期 静岡市美術館

長野県生まれ。19世紀イギリス・アイルランドの歴史や文化を研究しつつ、ライターとして活動している。アカデミアで行われている研究を、より多くの人に価値あるコンテンツとして届けたいと日々考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です