展覧会情報

江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影 – 版画で知る異国情緒溢れる江戸時代の長崎

板橋区立美術館では2月25日〜3月26日まで「江戸に長崎がやってきた!  長崎版画と異国の面影」が開催される。

江戸時代、外国との限られた貿易港のひとつであった長崎。その様子を描いた長崎版画は当時長崎を往来する旅人たちの間で異国の風物を知ることができる貴重な情報源であり、主に土産物として販売されていた。

文錦堂版「阿蘭陀人」(長崎歴史文化博物館)

当時のオランダ人や中国人などの装いや異国の風俗、出島の風景や港の様子などを描いた長崎版画。作者の多くが不明とされているが、西洋画法に秀でた荒木如元や川原慶賀、舶来画を鑑定・模写する唐絵目利まで様々な画人が関わったのではないかと推測されている。

今回の展示では、長崎版画の源流とされる蘇州版画を始め、初期作品から報道性を盛り込んだ幕末の作品まで約100点のほか、長崎で描かれた異国の面影や情緒を感じさせる肉筆作品約30点も公開。長崎版画の多彩な魅力だけでなく、長崎版画を取り巻く当時の様相を探る近年にはない試みで、当時の長崎と異国の面影を知ることができる。

谷鵬紫溟「唐蘭風俗図屏風」(福岡市博物館)

谷鵬紫溟「唐蘭風俗図屏風」(福岡市博物館)

トップ画像  大和屋版「阿蘭陀船入津ノ図」(長崎歴史文化博物館)

開催期間 2017年2月25日(土)~3月26日(日)

休館 月曜日(但し3/20は祝日のため開館し、翌日休館)

時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)

会場 板橋区立美術館

住所 東京都板橋区赤塚5-34-27

公式ページ http://www.itabashiartmuseum.jp/

About

同志社大学卒業。日本生命相互会社、朝日税理士法人、HIPHOPダンサーを経て起業。現在は世界中のアンティークやアート、クラシックカメラを販売する会社を経営している。また、ライターとして雑誌やwebを始めとした媒体で執筆やインタビューなども手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です