展覧会情報

ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力 – 天才絵師河鍋暁斎の驚異の画力

2017年2月23日(木)から4月16日(日)までBunkamura ザ・ミュージアムでは、「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」展を開催している。世界有数の包括的で質の高い暁斎コレクションを有するゴールドマン氏の所蔵品が一堂に会し、Bunkamuraザ・ミュージアムを皮切りに全国を巡回する。

河鍋暁斎 《鍾馗と鬼》 明治15(1882)年 紙本着彩、金泥 イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:東北芸術工科大学 杉山恵助

 

河鍋暁斎(1831-1889)は、激動の幕末から明治を生きた絵師だ。浮世絵師の歌川国芳に学んだのち、狩野派に学び若干19歳で修行を終える。仏画から戯画までの幅広い画題を大胆に描く暁斎の新しさと画力は、昔も今も多くの人を虜にしている。よく見るとどこかにクスッと笑ってしまうような遊び心がある暁斎の絵との出会いは、きっと楽しい経験になるだろう。

河鍋暁斎 《地獄太夫と一休》 明治4-22(1871- 89)年 絹本着彩、金泥 イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター

 

トップ画像:河鍋暁斎 《三味線を弾く洋装の骸骨と踊る妖怪》 明治4-22(1871- 89)年 紙本淡彩 イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター

開催期間 2017 年2月23日(木)-4月16日(日)

休館 会期中無休

時間 10:00-19:00(入館は18:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

会場 Bunkamura ザ・ミュージアム

住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1

公式ページ 「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」展

 

長野県生まれ。19世紀イギリス・アイルランドの歴史や文化を研究しつつ、ライターとして活動している。アカデミアで行われている研究を、より多くの人に価値あるコンテンツとして届けたいと日々考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です