展覧会情報

大英自然史博物館展 – 世界を驚嘆させた知の結集が日本へやってくる!

国立科学博物館では2017年3月18日(土)から6月11日(日)まで、「大英自然史博物館展」を開催する。世界でも有数の博物学標本のコレクションを誇る博物館のコレクションの一部が、ついに日本にやってくる。


「始祖鳥 CG画像」Museum Alive 3D, Produced by Atlantic Productions for Sky ©The Trustees of the Natural History Museum, London 

大英自然史博物館( The Natural History Museum )は1881年から続く歴史ある博物館であり、今なお世界中の人々が訪れる。元々は大英博物館の一部門であったが、増え続ける膨大なコレクションの管理のため、独立した博物館としてオープンした。その収蔵標本はなんと8000万点!そのうち約370点を選りすぐって初めての世界巡回展が企画され、今回日本にもやってくる。本展では始祖鳥の化石標本を、復元CG映像とともに紹介しており、テクノロジーで再現された研究成果も注目だ。

チャールズ・ダーウィン 『種の起源』直筆原稿 ©The Trustees of the Natural History Museum, London

大英自然史博物館がオープンする少し前、イギリスではチャールズ・ダーウィンの「種の起源」が出版された。人間を含めあらゆる生き物が自然淘汰されて進化してきたという発見が、徐々にあらゆる分野に影響を及ぼしていく。そんな科学の歴史的転換期にあたるとされるダーウィンの手記や、貴重な博物標本を目の当たりにすれば、当時の研究者たちの知の結晶に心打たれることだろう。

トップ画像:ジョン・オーデュボン 『アメリカの鳥』©The Trustees of the Natural History Museum, London

展覧会名 大英自然史博物館展

開催期間 2017年3月18日(土)〜 6月11日(日)

休館 3月21日(火)、 4月10日(月)、 4月17日(月)、 4月24日(月)、 5月8日(月)、 5月15日(月)、 5月22日(月)、 5月29日(月)

時間 午前9時~午後5時 (金・土曜日は午後8時まで。4月30日(日)~5月4日(木)は午後6時まで) ※入館は各閉館時刻の30分前まで

会場 国立科学博物館

住所 東京都台東区上野公園7-20

公式ページ http://treasures2017.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!