展覧会情報

謎多き天才仏師 “快慶” の実像に迫る展覧会

奈良国立博物館では2017年4月8日から6月4日において、特別展「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」が開催される。

 重要文化財 弥勒菩薩坐像 快慶作(京都・醍醐寺)
重要文化財 弥勒菩薩坐像 快慶作(京都・醍醐寺)

快慶は運慶の父、康慶の弟子であり、運慶と並び鎌倉時代の彫刻界を代表する仏師である。スケールが大きく力強い作風とされる運慶に比べ、快慶の作品は装飾的で繊細、理知的な様相が特徴であると言われている。

快慶が生涯をかけて追求した阿弥陀如来立像の姿は、その存在感と格調の高さから後世に”安阿弥様”(あんなみよう)と称されるようになり、来迎形阿弥陀の一典型としてながく受け継がれていくこととなる。

釈迦如来立像 快慶作 (Kimbell Art museum, Fort Worth, Texas)
釈迦如来立像 快慶作 (Kimbell Art museum, Fort Worth, Texas)

確証ある遺品や現存している作品が多い快慶であるが、出自や工房などその人物像は多くの謎に包まれている。

本展では、快慶の代表的な作品を一堂に集め、わが国の仏教美術史上に残した偉大な足跡をたどるとともに、快慶作品の成立と密接に関わる絵画や、高僧たちとの交渉を伝える史料をあわせて展示する。いまだ多くの謎に包まれた快慶とはいかなるものなのか、その実像に迫る。

重要文化財 四天王立像 広目天 快慶作(和歌山・金剛峯寺)
重要文化財 四天王立像 広目天 快慶作(和歌山・金剛峯寺)
重要文化財 四天王立像 多聞天 (和歌山・金剛峯寺)
重要文化財 四天王立像 多聞天 (和歌山・金剛峯寺)

トップ画 国宝 僧形八幡神坐像 快慶作(奈良・東大寺)

開催 2017年4月8日(土)~6月4日(日)

休館日 毎週月曜日
※ただし5月1日(月)は開館

時間 午前9時30分~午後5時
※毎週金・土曜日は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで

会場 奈良国立博物館 東新館・西新館

住所 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50

公式HP http://www.ytv.co.jp/kaikei/

About

同志社大学卒業。日本生命相互会社、朝日税理士法人、HIPHOPダンサーを経て起業。現在は世界中のアンティークやアート、クラシックカメラを販売する会社を経営している。また、ライターとして雑誌やwebを始めとした媒体で執筆やインタビューなども手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です