展覧会情報

絵本の父ウォルター・クレインの美しい絵本の世界

千葉市美術館では、2017年 4月5日(水)から5月28日(日)まで「絵本はここからはじまった−ウォルター・クレインの本の仕事」を開催している。本の仕事を中心にクレインの芸術を本格的に紹介する日本で初めての本展で、ほぼすべての絵本と主要な挿絵本を網羅した約140点を観ることができる。

 

ウォルター・クレイン『シンデレラ』1873年 鶴見大学図書館蔵

ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)は、現代の絵本の基礎を築いた重要な画家の一人だ。1845年、画家の息子としてリヴァプールに生まれたクレインは、木口木版の工房に入りデッサンの基礎を学ぶ。その後、多色刷木口木版の技術を開発した彫版師・刷師のエドマンド・エヴァンズに才能を見いだされ、二人は1865年に全ページカラー刷りのトイ・ブック(簡易なつくりの絵本)を生み出した。彼らが次々と世に送り出した絵本は高い評価を得て、クレインは子どもの本の画家として一躍有名になった。またクレインの仕事は、絵本だけでなく壁紙や室内装飾のデザイナーや教育者など多岐にわたる。そんな彼の幅広い仕事を概観できる貴重な本展で美しいクレインの作品を存分に楽しみたい。

ウォルター・クレイン『長靴をはいた猫』1874年 個人蔵

Top画像:ウォルター・クレイン『美女と野獣』1874年 個人蔵

関連特集 元祖イラストレーター!ウォルター・クレインとイギリスの絵本

 

展覧会名 『絵本はここからはじまった−ウォルター・クレインの本の仕事』

開催 2017年4月5日(水)~ 5月28日(日)

休館日 5月1日(月)

時間 日~木曜日 10:00~18:00

金・土曜日 10:00~20:00 (※入場受付は閉館の30分前まで)

会場 千葉市美術館

住所 〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8

公式HP 絵本はここからはじまった−ウォルター・クレインの本の仕事

 

長野県生まれ。19世紀イギリス・アイルランドの歴史や文化を研究しつつ、ライターとして活動している。アカデミアで行われている研究を、より多くの人に価値あるコンテンツとして届けたいと日々考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です