展覧会情報

【京都駅から30分】滋賀県・三井寺で夜桜ライトアップと仏教インスタレーション展示《会期延長!》

三井寺(滋賀県大津市・園城寺)といえば、「日本美術の恩人」と言われるアーネスト・フェノロサが受戒し仏教徒へ改宗したお寺で、互いに日本美術収集家であり友人であったビゲローと共に三井寺にお墓もあります。つまり日本美術にとって大事な場所なのです。

そんな三井寺では夜桜を堪能できる春のライトアップに併せて、インスタレーション作品「TO-IN」が公開されています。本作は、四つの燈(TO)と、唐院がもつ静謐な陰(IN)を表現したインスタレーションで、この四つの燈りは「黄不動尊」の黄、「海」の青、「村雲」の白、「桜」の赤をあらわしているそうです。また音楽は、世界各地の民族音楽研究の成果を反映させた楽曲を創作し世界で活躍する小馬崎達也(ギタリスト、久乘編鐘奏者、作曲家)によるもので、一層厳かな空間をつくり出しています。

インスタレーション作品「TO-IN」

さらに同時開催イベントとして2つ。

・観音堂諸尊 特別参拝(4/1〜5/14)

西国三十三所草創1300年を記念して、秘仏「愛染明王像」(重文)、「毘沙門天像」の特別開扉をはじめ、三井寺と西国観音巡礼にまつわる宝物を公開しています。

秘仏 愛染明王像(重文)/写真提供:三井寺

・国宝 勧学院客殿 春の特別公開(4/1〜4/12)

アメリカ・メトロポリタン美術館に再現された一之間をもつ、書院造の代表的遺構を特別公開しています。

国宝 勧学院客殿/写真提供:三井寺

JR京都駅からJR大津駅までは最短約10分で着くので京都観光の際には、是非とも足を伸ばしてみたいですね。

 

<会期延長のお知らせ> 開催期間が4/16(日)まで延長となりました。

展覧会名 TO-IN   「三井寺 春のライトアップ2017」内

開催期間 2017年4月1日(土)~ 4月16日(日)

時間 18:30~21:30(※入山受付は21:00まで)

会場 総本山 三井寺(園城寺)

住所 〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246

電話  077-522-2238

公式HP 三井寺 春のライトアップ2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です