展覧会情報

没後150年 坂本龍馬 – 人々を魅了し続ける幕末のヒーローに迫る

江戸東京博物館では4月29日~6月18日まで特別展「没後150年 坂本龍馬」を開催する。

日本の歴史における偉人の中でも、非常に人気のある坂本龍馬。

司馬遼太郎の代表作「竜馬がゆく」で一般人に広く知られるようになり、その行動力や先見性、自由な発想力などは今でも多くの人を魅了し続けています。

坂本龍馬は天保6年(1835)に土佐で生まれ、慶応3年(1867)に京都で亡くなりました。つまり今年は龍馬の没後150年にあたる年なのです。


《坂本龍馬湿板写真》慶応2年または3年頃 高知県立歴史民俗資料館蔵
展示期間4/29〜5/1までの3日間の限定公開。以降は複製展示

現存している龍馬の手紙は文字だけでなく絵も描かれているものもあり、非常にユーモラスです。しかしただ面白いだけでなく、そこに彼の思考の柔軟さや家族に対する愛情までも読みとる事ができます。こういった人間性に惹かれ、今でも多くの龍馬ファンを生み出しているのかもしれませんね。

《刀 銘吉行 坂本龍馬佩用》江戸時代(17~18世紀) 京都国立博物館蔵 

本展では龍馬の自由奔放な生き様や家族への愛情をあらわした直筆の手紙を中心に、龍馬の魅力をわかりやすく紹介します。また、龍馬が暗殺された際に携えていた愛刀「吉行」などの遺品や関連資料を合わせて展示し、龍馬が活躍した幕末という時代に迫ります。

トップ画像  重要文化財 《龍馬書簡 慶応二年十二月四日 坂本乙女宛》(部分) 慶応2年(1866) 京都国立博物館蔵  展示期間5/23〜6/4

開催期間 2017年4月29日(土・祝)~6月18日(日)

開館時間 午前9時30分~午後5時30分

(土曜は午後7時30分まで)※入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日(ただし5月1日・5月15日は開館)

住所 東京都墨田区横網1-4-1

会場 東京都江戸東京博物館 1階特別展示室

HP  東京都江戸東京博物館

About

同志社大学卒業。日本生命相互会社、朝日税理士法人、HIPHOPダンサーを経て起業。現在は世界中のアンティークやアート、クラシックカメラを販売する会社を経営している。また、ライターとして雑誌やwebを始めとした媒体で執筆やインタビューなども手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です