内覧レポート 特集

【京都の歴史的建造物で写真展を鑑賞!】 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」開幕

「KYOTOGRAPHIE (キョウトグラフィー)京都国際写真祭 2017」が4月15日(土)から5月14日(日)まで京都各所で行われている。

5回目を迎え海外からも注目されているKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の今年のテーマは「LOVE」。国内外の写真作家の作品やコレクションを、京都市内に点在する歴史的建造物や近現代建築の中で鑑賞出来る写真フェスティバルだ。

今回も重要文化財の二条城「二の丸御殿台所」や、建仁寺「両足院」、京都文化博物館「別館」、登録有形文化財である「無名舎(京商屋建築)」、町家に分類される「嶋臺(しまだい)ギャラリー」など、それぞれの建築空間を活かした展示演出も見どころの1つである。


荒木経惟 「机上の愛」 建仁寺内 両足院。本作は日本初公開。

 

本展は、メイン・プログラムとアソシエイテッド・プログラムの全18イベントが開催されるが、幾つかを紹介したい。

 

御池通に面している「嶋臺(しまだい)ギャラリー」では、世界的に注目されているオランダの女性写真家ハンネ・ファン・デル・ワウデの「Emmy’s world」が開催されている。本作品は、6年をかけて制作された老夫婦とその家族の日常を追ったドキュメンタリーだ。一日が終わり、そしてまた一日が始まる。すべてが同じようなバランスで毎日が粛々と過ぎてゆくように思えるが、変わらず永遠に続くというわけではない・・・。夫婦の少し奇妙な日々と、あたたかな愛を感じることが出来る展示である。

ハンネ・ファン・デル・ワウデ 嶋臺ギャラリー。町家の建築空間で展示されている。

ハンネ・ファン・デル・ワウデ 嶋臺ギャラリー(内部)

 

京都文化博物館 別館2階では、スイスの写真家ルネ・グローブリの作品「The Eye of Love」が展示されている。この展示はルネと妻リタとの新婚旅行を綴った写真集からの作品群で構成されている。ホテルの一室、身支度を整える妻の姿などごくごく私的なモノクロのスナップ写真の中に、二人の愛がストレートに表現されている。また会場にはネスプレッソのカウンターが併設されており、会場全体に漂うコーヒーのほろ苦い香りが若い二人の関係性を想起させる。

 

ルネ・グローブリ 京都文化博物館 別館2階。本格的なコーヒーを味わえるネスプレッソのカウンターが併設され、無料で提供されている。

 

その他、二条城 二の丸御殿台所ではアーノルド・ニューマンの回顧展、誉田屋源兵衛 竹院の間ではロバート・メイプルソープの作品群など、貴重な写真コレクションを鑑賞できる機会となっている。

穏やかな新緑の京都で、風情ある街並を散策しながら「建築と写真」を愉しむことができるKYOTOGRAPHIEは、京都観光に日本の歴史だけでなく、アートや写真の歴史、あるいはグローバルな視座といった新しい座標軸を与えてくれるスパイスとなることだろう。

 

 

展覧会名 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」

開催期間  2017年4月15日(土)—5月14日(日)

会  場  二条城、京都文化博物館、両足院など京都市内16カ所

料  金  パスポート(全会場/会期中各1回のみ有効):3,000円

プチパスポート(3会場のみ/1日有効):1,500円

学生(大学・高校・専門生):2,000円

公式HP http://www.kyotographie.jp

※二条城には別途入城料が必要になります。

※開館時間は施設によってことなります。各会場入場は閉館の30分前まで。

 

トップ画像:荒木経惟「机上の愛」 建仁寺内 両足院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です