内覧レポート 特集

【内覧レポート】ディズニーの魔法の秘密はアメリカの開拓精神にあり?〜ディズニー・アート展

日本科学未来館では、2017年4 月 8 日(土)から9 月 24 日(日)まで、「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」を開催しています。初期のミッキーマウスから最新作までが日本で一堂に展示されるのは、なんと今回が初めて!

ディズニー映画最新作「モアナと伝説の海」でヒロイン、モアナの日本語吹き替え声優を務める屋比久知奈(やびく・ともな)さんの熱唱とともに開幕しました。

 

チームラボがいのちを吹き込むディズニーキャラクターたち

チームラボとのコラボレーション「体感型!いのちを吹き込むペンシル・テスト」

展覧会はウォルト・ディズニーのスタジオ創設から最新作までの各作品を時系列に振り返ることのできる構成で、ディズニーの長い歴史を概観できます。

まず展示会場に入ると、大きなスクリーンの上を突然動きだす原画のディズニー・キャラクターたちが迎えてくれます。この「体感型!いのちを吹き込むペンシル・テスト」は、今注目のウルトラテクノロジスト集団チームラボがコラボレーションしたものです。シンプルな鉛筆画のキャラクターたちが、いのちを与えられて、白いカンヴァスの上を動きだす姿を見ると、卓越した技術を持つアニメーターたちの魔法少しだけ共有できた気分になることができます。

 

世界で一番愛される一匹のネズミは、ここから始まった

「蒸気船ウィリー」

1928年に公開された世界初のトーキー・アニメーション映画「蒸気船ウィリー」。トーキー映画とは音のないサイレント映画に対して、現代ではごく一般的な音声付きの映画のことです。ちょうど技術革新により1920年代後半に、音声も録音した映画の商業化が可能になり、ディズニーがこれに乗り出しました。口笛を吹きながら船を運転する可愛らしいミッキーの姿は現在とほとんど変わりません。

 

「プレーン・クレイジー」

実は今回、ミッキーマウス幻のデビュー作である「プレーン・クレイジー」の原画も同時公開されています。ウォルト・ディズニーの判断で、音声入りのトーキー映画である「蒸気船ウィリー」が先に公開されました。けれど最初の予定ではミッキーマウス初の出演作はこの「プレーン・クレイジー」でした。滅多にお目にかかることのない貴重な原画は要注目です。

 

名作を作り続けるディズニースタッフの圧倒的努力

ウォルト・ディズニー亡き後も、次々と新しい映像作品をヒットさせるディズニー。ほぼ毎年新作映画が公開されていますが、軒並みヒット作にランクインしています。創設者であるクリエイターが亡き後も、同様にヒット作を生み出し続けるのは、並大抵のことではできません。

画面に奥行きを作る「マルチプレーンカメラ」の技術

本展を見て分かるのは、新しい技術や分野を取り入れた実験をし続け、常に先へ先へと現代のアニメーションシーンを切り開いていこうとするディズニーの変わらない姿勢です。リーダーである自負を持ち、未知の土壌を積極的に開拓していくイノベーティブな姿勢は、開拓精神旺盛な古きアメリカの血を強く感じます。

最新作「モアナと伝説の海」は、美しくリアルな海や生き物などの自然描写を極めるためにオセアニア文化のフィールドワークも徹底的に行われた。

同時にディズニーの強みは、新しい技術革新だけにとどまりません。作品のイメージを追求するための泥臭く地道なフィールドワークによるリサーチ、製作過程で何百枚と描かれるストーリー・スケッチや作品のイメージを決めるコンセプト・アートにも、常に最強の布陣を敷いて全力を注いでいるのが伝わってきます。ディズニーが始まってから現在まで、今尚多くの人を惹きつける魔法の秘密は、新しいものを合理的に取り入れようとするスマートな判断力と日々の地道で圧倒的な努力の結晶なのでしょう

「ズートピア」のコンセプト・アート

初期から最新作までの映画を網羅した本展なら、訪れた人全員が一度は見たことのある画が見つけるけるでしょう。ディズニーの世界観が思いっきり堪能できる空間で、ディズニー作品の思い出を一緒に行った人と共有したり、可愛い限定グッズを買い求めたり、楽しみ方は人それぞれです。日本科学未来館にディズニーの魔法をかけられに行きましょう。

All Disney artwork ©Disney Enterprises Inc.

展覧会名 ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

開催 2017年4月8日(土)〜9月24日(日)

休館日 火曜日《ただし、5月2日、7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は開館》

時間 10:00〜17:00《入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前まで》

会場 日本科学未来館 企画展示ゾーン(東京・お台場)

住所 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3番6号

公式HP ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

 

 

長野県生まれ。19世紀イギリス・アイルランドの歴史や文化を研究しつつ、ライターとして活動している。アカデミアで行われている研究を、より多くの人に価値あるコンテンツとして届けたいと日々考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です