展覧会情報

ダヤニータ・シン- 写真で紡がれる小説のようなストーリー

東京写真美術館では2017520日(土)~7月17日(月・祝)まで、総合開館20周年記念「ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館」を開催します。

今、世界で最も活躍が著しい写真家の一人とも言えるダヤニータ・シン。

ドキュメンタリーとフィクション、夢と現実、不在と実在が綯い交ぜになった彼女のユニークな世界観は、まるで視覚的な小説を読んでいるような気持ちになります。

〈ミュージアム・オブ・チャンス〉より 2013年 アーカイバル・ピグメント・プリント

1961年にニューデリーで生まれた彼女は、ニューヨークの国際写真センター(ICP)でドキュメンタリー写真を学び、その後、欧米雑誌のカメラマンとしてキャリアをスタートさせました。しかし、そのキャリアの中で徐々に外国人が望むエキゾチックで混沌とした貧しいインドのステレオタイプなイメージに疑問を持ち始めるようになり、1990年代後半にフォトジャーナリストとしての仕事を完全に辞め、アーティストとしての活動を開始することとなります。

従来の写真や写真集という概念を軽々と超える作品の数々は、写真というメディアの新たな可能性を常に切り開き、世界でも大変評価されています。

近年はインドの大きな家の美術館(Museum Bhavan)と名付けた、彼女が考案した移動式「美術館」において、詩的で美しい世界観の中に現代社会が抱える様々な問題を示唆する、そんな新たな表現方法を試みています。

〈マイセルフ・モナ・アハメド〉より 1989 – 2000年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵

本展覧会は、ダヤニータ・シンの初期の代表作〈マイセルフ・モナ・アハメド〉(1989-2000年)、〈第3の性(ポートフォリオ)〉(1991-93年)、〈私としての私〉(1999年)から、転機となった〈セント・ア・レター〉(2007年)を導入部に、最新作を含むダヤニータ・シンの「美術館」を日本初公開いたします。

日本の美術館では初の個展となるダヤニータ・シンの世界をご堪能ください。

トップ画像 〈ミュージアム・オブ・チャンス〉2013年 2つのチーク材構造物、アーカイバル・ピグメント・プリント 撮影:ステファン・ホワイト

開催期間 2017年5月20日(土)~7月17日(月・祝)

休館日 毎週月曜日
※ただし7月17日(月・祝)は開館

時間 10:00~18:00(木・金曜は20:00まで)

会場 東京写真美術館 2階展示室

住所 〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

公式HP ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館

About

同志社大学卒業。日本生命相互会社、朝日税理士法人、HIPHOPダンサーを経て起業。現在は世界中のアンティークやアート、クラシックカメラを販売する会社を経営している。また、ライターとして雑誌やwebを始めとした媒体で執筆やインタビューなども手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です