展覧会情報

日本初公開作品も!ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」が、2017年8月26日(土)から10月15日(日)まで開催される北海道立近代美術館での展示を皮切りに、東京都美術館、京都国立近代美術館を巡回します。

世界中でその名を知らぬ人はいない画家ファン・ゴッホ。実はゴッホが日本の浮世絵から、多大な影響を受けていたことをご存知ですか?早い段階から浮世絵に魅せられた彼は、数々の作品を収集していました。今回来日する≪花魁(渓斎英泉による)≫は、江戸時代に活躍した浮世絵師、渓斎英泉の花魁の絵を模写したものです。

フィンセント・ファン・ゴッホ《夾竹桃と本のある静物》1888年、油彩・カンヴァス、メトロポリタン美術館蔵  ©The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

今回はゴッホと日本のつながりを丁寧に辿ることができるだけでなく、《夾竹桃と本のある静物》や《雪景色》の他、日本初公開のゴッホの作品も数点来日する豪華なラインナップの展覧会になるようです。遠い日にゴッホが見た日本という夢の国を、是非現代の日本で追体験してみませんか?

フィンセント・ファン・ゴッホ《雪景色》1888年、油彩・カンヴァス、個人蔵

 

トップ画像:フィンセント・ファン・ゴッホ《花魁(渓斎英泉による)》1887年、油彩・カンヴァス、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵  ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

展覧会公式サイト ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

【札幌展】

開催期間 2017年8月26日(土)~10月15日(日)

開館時間 9:30~17:00 ※会期中の金曜日は19:30まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日 月曜日(9/18、10/9を除く)、9月19日(火)、10月10日(火)

会場 北海道立近代美術館

住所 札幌市中央区北1条西17丁目

【東京展】

開催期間 2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)

開室時間  9:30~17:30

※会期中の金曜日、11月1日(水)、2日(木)、4日(土)は20:00まで

(入館は閉館の30分前まで)

休室日  月曜日(1/8を除く)年末年始休館 12月31日(日)、1月1日(月・祝)

会場 東京都美術館

住所 東京都台東区上野公園8-36

【京都展】

会期 2018年1月20日(土)~3月4日(日)

開館時間  9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日 月曜日(2/12を除く)、2月13日(火)

会場 京都国立近代美術館

住所 京都市左京区岡崎円勝寺町

 

長野県生まれ。19世紀イギリス・アイルランドの歴史や文化を研究しつつ、ライターとして活動している。アカデミアで行われている研究を、より多くの人に価値あるコンテンツとして届けたいと日々考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です