展覧会情報

世界報道写真展 – 目を背けずに、世界を目撃しよう

東京都写真美術館では2017年6月10日(土)〜8月6日(日)まで、「世界報道写真展 2017」を開催します。

第60回世界報道写真コンテストにおいて125の国と地域から応募された、80,408点の写真。その中から選ばれた8部門45人の受賞作品を目にすることができるのが、今回の展示です。

来場者400万人 世界最大規模の写真展

世界報道写真大賞
スポットニュースの部 組写真1位
ブルハン・オズビリジ(トルコ、AP通信)2016年12月19日(アンカラ、トルコ) 2016年12月19日、トルコの首都・アンカラにある文化センターにおける写真展の開会式、22歳の非番警官メブリュト・メルト・アルトゥンタシュがアンドレイ・カルロフ駐トルコ・ロシア大使を射殺した。犯人は、警察との銃撃戦で射殺されたが、大使の他にも3人を負傷させていた。

 

世界報道写真展は、1995年にオランダのアムステルダムで発足され、翌年から始まったドキュメンタリー・報道写真の展覧会です。

国際審査員団が十数人で選出した入賞作品は世界中で展示され、45カ国、約90会場(2016年実績)に400万人もの人が足を運びます。

コンテストの部門は全部で8つ。「スポットニュースの部」、 「現代社会の問題の部」、「日常生活の部」、「一般ニュ ースの部」、「長期取材の部」、「自然の部」、「人々の部」、 「スポーツの部」です。更にそれぞれ写真1枚の「単写真」と複数の写真で構成される「組写真」にわかれ、部門ごとの各1位から3位までが入賞者になります。

その全ての入賞者の中から選ばれる最も優れたフォトグラファーが、「世界報道写真大賞」を獲得するのです。今年の受賞者はブルハン・オズビリジ氏です。

写真が教えてくれる、時に美しく時に残酷な世界

現代社会の問題の部 単写真1位
ジョナサン・バックマン(アメリカ、ロイター)
2016年7月9日(ルイジアナ州バトンルージュ、アメリカ) たった1人で抗議の態度を示すイエシア・エバンスは、武装警官によって捕らえられる際、手を差し出しながらも背筋を伸ばした姿勢を変えることはなかった。2016年7月9日、米国ルイジアナ州バトンルージュ警察の屋外でおきた警察の残虐行為に対する抗議デモの一幕。エバンスは、ペンシルバニア州の28歳の看護師で1人の子をもつ母親でもあるが、アルトン・スターリングの射殺に抗議するため、バトンルージュにやってきた。
37歳の黒人男性で5人の子どもの父親だったスターリングは、2人の白人警官に至近距離で撃たれた。前年から黒人男性に対する警察官の過剰な権力行使に対し、全米中で憤りが拡大していた最中に起こった事件で、多くの人が携帯電話の動画でこの射殺事件を捉えていた。

 

スポーツの部 単写真3位
カイ・オリバー・プファッフェンバッハ(ドイツ、ロイター) 2016年8月14日(リオデジャネイロ、ブラジル) 2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの100メートル走準決勝、ジャマイカのウサイン・ボルトはライバルをふりかえって笑顔を見せている。 ボルトは人類史上最速と言われており、完全自動計測が義務化されて以来初の100メートル、200メートルの世界記録保持者である。

 

日々流れてくる海外のニュース。たとえそれが衝撃的な内容でも、情報量が多すぎて時には現実感がなく感じられることもあります。

しかし、そんなニュースは我々と同じように当たり前の日常を持っていた人々の生活に襲いかかった現実で、小説やドラマのようなフィクションではありません。

フォトグラファーたちが切り取った鮮やかな現実は、「知っているだけ」の私たちに、世界の現実を感じる機会を与えてくれます。

時には目を背けたくなるような世界の姿。目撃する機会が、いま目の前にあります。

トップ画像 : 自然の部 単写真1位 フランシス・ペレス(スペイン)2016年6月8日(スペイン領カナリア諸島)2016年6月8日、スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島沿岸で、漁網に絡まり泳げずにいるウミガメ。アカウミガメは、国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧II類とされている。放置された漁具がウミガメの死を頻発させている。

 

展示会情報

開催期間 2017年6月10日(土)~8月6日(日)

休館日 毎週月曜日
※ただし7月17日(月・祝)は開館、翌18日休館

時間 10:00~18:00(木・金曜は20:00まで/但し7月20、21、27、28、8月3、4は21:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

会場 東京都写真美術館 地下1階展示室

住所 〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

公式HP 世界報道写真展 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です