トップ > THE PARADISE LOST
  

THE PARADISE LOST

開催期間2014年1月6日(月)~2014年1月12日(日)
時間13:00~20:00 日曜日は17:00まで
会場森岡書店
ホームページhttp://moriokashoten.com
住所東京都中央区 日本橋茅場町2-17-13 第2井上ビル305号
お問い合わせ先E-mail info@moriokashoten.com  Tel. 03-3249-3456
The Paradise Lost at Morioka Shoten
Lungta XIII ©Takeo Yamada
Eden III ©Takeo Yamada / GALLERY haus 2013 
Installation View ©Takeo Yamada / GALLERY haus 2013
Lungta IX ©Takeo Yamada / Towada Oirase Art Festival 2013 
ABOUT

この作品は2007年から2012年にかけて、故郷である北海道の道東を撮影したものです。様々な国々を旅して巡り生活をする中で、日本や故郷といった、私が生まれながらに持っていた土着的なセルフイメージがなくなり、自分の故郷を客観的に捉えているという感覚に初めて気がつきました。それ以来、故郷に帰るたびに撮影をし、それを振り返ることによって、自分の視点の違いがどこにあるのかを検証しました。そこには北海道という記号化されたイメージはなく、ありのままの自然の姿と、人間が介入した痕跡を残す、変形された自然の姿が写っていました。

道東は地理的に交通の便が悪く、気候風土も厳しいことから決して暮らすのは容易ではありません。しかし、そこに暮らす人々は温かく、辺境に暮らす人特有の固定概念に囚われない、誰よりも自分らしい幸せの形を知っているように見えました。このイメージはミルトンの叙事詩に描かれたエデンの東、つまり罪を負ったアダムとエヴァは神に追放されたのではなく、自ら進んで楽園を離れ、エデンの東に自らの幸せを見いだしたと解釈する土地にそっくりでした。そこで私はこの叙事詩のタイトルから作品を「パラダイス・ロスト」と名付け、根室半島に優しく佇む軍馬の末裔をモチーフとした作品から植林された樹木が混在する知床まで、一年に一冊のペースで出版して国内外で販売しました。今回は森岡書店企画展として、同書店にて写真と書籍の展示販売する個展を開催致します。



STATEMENT

旅に思いを馳せるように、まだ知らぬ世界に希望を抱く。冒険者は新しい土地に理想(楽園)を現実化しようと試みるが、やがて月日とともにそこにも現実が訪れ、その楽園は日常に凌駕されていく(失楽園)。

パラダイス(楽園)とは、人間の創造力に基づく概念であり、状態である。「思考」という能力を持つ人間は、「体験」を伴う現実世界と、自己が想像する「理想の状態」とのギャップの間に不幸や不満を感じるもの。そのたびにいかにして自らの楽園を構築出来うるかと、その可能性を模索し活動する。
-Takeo Yamada 「制作ノートより」

―私たちの頭脳には無数の事実に関する知識や他人の言葉がぎっしり詰め込まれているため、素朴になることもできず、自分自身で直接に経験することも出来ない―
-J.Krishnamurti 「素朴」

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.