トップ > 井上孝治写真展 「音のない記憶」
  

井上孝治写真展 「音のない記憶」

開催期間2017年3月9日(木)~2017年3月12日(日)
休館なし
時間3/9木−3/11土:14:00-21:00 3/12日:11:00-18:00
会場アツコバルー arts drinks talk
ホームページhttp://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2017/0309_4168.php
住所東京都東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
お問い合わせ先office@tdf.tokyo
©井上孝治写真館
©井上孝治写真館
©井上孝治写真館
2017年4月7日〜9日にかけて開催される東京ろう映画祭にて、ドキュメンタリー映画『井上孝治、表象を超えた写真家』が日本で上映されるにあたり、その関連企画として2回に渡り写真家・井上孝治の写真展を開催します。
井上孝治は一度もプロを名乗ることのなかったろう写真家で、その生涯において昭和の人々の生活の有り様を生き生きと写真に捉えてきました。1993年に南仏のアルル国際写真フェスティバルでアルル名誉市民章を受賞。世界的な評価を得るに至り、またその際、彼の作品に感銘を受けたブリジット・ルメーヌ監督によって井上の生涯を語る短編映画が制作されました。

本展では「PART1 『音のない記憶』」と題し、写真集「想い出の街」と「こどものいた街」から展示します。

車のタイヤの跡がくっきりと刻まれた泥の道。
子どもたちの目を奪った街角テレビ。
旧博多駅から旅立つ青年。

井上孝治の写真は、1989年、博多の老舗百貨店の広告キャンペーンを機に30年も埋もれ続けたネガが発見されたことから注目を浴びるようになりました。
彼の捉えた一瞬は、見る者の心に眠る<記憶>を現代へ呼び覚ませます。
昭和という時代の、市井の人々や子どもたちの生き生きと輝く姿が切り取られた作品の数々を、本会場でご覧頂けます。
多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース2016年度卒業制作展「HERE」
2017/3/4~2017/3/6

トップへ
江戸の春 肉筆浮世絵展
2017/2/6~2017/2/25
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.