トップ > 第18回市川の文化人展 「髙橋甲子男展」
  

第18回市川の文化人展 「髙橋甲子男展」

開催期間2017年2月11日(土)~2017年3月20日(月)
休館月曜日(3月20日(月・祝)は開館)
時間9:30~16:30(受付は16:00まで)
会場市川市芳澤ガーデンギャラリー
ホームページhttp://www.tekona.net/event/detail.php?id=7295
住所千葉県市川市真間5-1-18
お問い合わせ先047-374-7687
《宙から》(1989年)
市川市では、ゆかりの文化人や芸術家を広く紹介するために「市川の文化人展」を開催しています。今回は、市内在住の抽象画家 髙橋甲子男氏(1935-)をご紹介します。
髙橋甲子男氏は、千葉県市原市に生まれ、県立市原高等学校に入学し、美術部で後に銅版画の第一人者として知られる深沢幸雄氏の指導を受けます。武蔵野美術大学在学中から読売アンデパンダン展やグループ展、個展などで発表を重ねながら、今日まで現代美術の世界を邁進しています。
近年の作品は、原風景と もいえる自然の山森川滝に宿る魂を思慮して描き、その作品はアニミズム・アートとも呼ばれています。今回、市川市での個展開催にあたり、この展覧会に向けた新作や代表作を含め、約25点の作品から現代美術を追及する髙橋甲子男の世界をご堪能ください。

入館料

一般(高大生含む)300円、団体料金(25名以上)240円、シルバー料金(65歳以上)240円
中学生以下無料※障がい者手帳をお持ちの方とその付添の方(1名)は無料 


関連イベント


髙橋甲子男ギャラリートーク  
3月19日(日)14:00~
入館料のみ必要、先着50名


ギャラリーコンサート    ※入館料のみ必要   
2月19日(日)14:00~15:00
♪演奏:長谷川将也(尺八)・金子展寛(箏曲)
3月5日(日)14:00~15:00 
♪演奏:根津久俊(テノール)・上川佳連(ピアノ)
※各日先着50名

お茶席
3月19日(日) 10:00~16:00
※入館料のほか、一席500円が必要

※イベントは開催時には会場が混雑する場合がございます。ご了承ください。
『Hashima』(月曜社)刊行記念 「写真家の初期と現在」 松江泰治×タカザワケンジ トークイベント
2017/2/24~2017/2/24

トップへ
Mother –大地の霊性–
2017/3/4~2017/3/26
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.