トップ > Pius Fox「Der Trommler」
  

Pius Fox「Der Trommler」

開催期間2019年4月13日(土)~2019年5月19日(日)
休館水曜日
時間12:00-20:00
会場104GALERIE-R
ホームページhttps://104galerie.com/exhibitions/pius-fox/
住所東京都目黒区大橋1-6-4 GARAGE
お問い合わせ先E-mail info@104galerie.com  Tel. 03-6303-0956
©️Pius Fox
©️Pius Fox
©️Pius Fox
104GALERIE(東京・池尻大橋)は、2019年4月13日から5月19日の会期にて、ドイツ・ベルリンを拠点に活動する作家、ピウス・フォックスの日本初個展「Der Trommer」(The Drammer-太鼓たたき)を開催いたします。

フォックスは1983年にドイツベルリンに生まれ、ベルリンのUdK(University of the Arts)を卒業し、2010年にはフランク・バドゥール(Frank Badur) 教授の下で学士号を、またゲルハルト・リヒターの元で学び、現在世界的に活躍しているスイスの画家ピア・フライズ(Pia Fries) 教授の下で修士課程を修了しました。これまでにニューヨーク、ベルリン、ロンドン、パリなど世界の主要都市で個展・グループ展を開催しており、数多くの展覧会を経験し世界的に活躍しています。また、SØR Rusche コレクション、フランスのFrac Auvergne 美術館、Sander Darmstadt コレクションなどにも収蔵されています。

色のブロックと交差する直線による画面構成が限りなく抽象画に近いフォックスの作品ですが、その作品からは時折建築・空間的要素も垣間見え、ペインティングとドローイングの間、抽象と具象の間、形状と文脈の間を絶えず転換しています。何層もの色レイヤーを引っ掻き削ったり、時には奮闘とも言えるペンチメントのプロセスを経て、抽象的印象から始まった作品は下層部の色とのコントラストと表面の質感により観覧者により深い視覚的効果をもたらします。またフォックスにとって色彩の相互作用は極めて重要であり、フェルメールや、フランチェスカ、ルネサンスの巨匠などからも度々色の引用をし、現在の抽象絵画のスタイルを確立しています。
本展では、グリム童話の” 太鼓たたき” からインスピレーションを受け、部分的に作品に反映させた最新作~近年の作品を中心に約30 点ほどの中小型ペインティング作品を104GALERIE-Rにて展覧いたします。

12日(金)19:00からのオープニングレセプションにはドイツベルリンよりアーティスト本人も来日いたします。是非オープニングに合わせてご高覧いただけますと幸いです。
琉球イラストレーション 与儀勝之『天 色』
2019/4/8~2019/4/20

トップへ
SHUの描くアリスの世界展
2019/5/10~2019/5/12
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.