トップ > Diversity vol.2
  

Diversity vol.2

開催期間2019年5月10日(金)~2019年6月4日(火)
休館水曜・木曜および5月20・21日休廊
時間12:00-19:00
会場ART TRACE GALLERY
ホームページhttp://www.gallery.arttrace.org/201905-tajiri.html
住所東京都墨田区緑 2-13-19 秋山ビル1F
お問い合わせ先E-mail gallery@arttrace.org  Tel. 050-8004-6019
Diversity vol.2
溶解マールイ Yokai-Marui
ミホリ トモヒサ Tomohisa Mihori
万城目 純 Jun Makime/Manjome
相良 ゆみ Yumi Sagara
Takaaki Kumagai Takaaki Kumagai
田尻 健二 Kenji Tajiri
 
2019年5月10日(金) 〜 6月4日(火) 12:00-19:00 水曜・木曜および5月20・21日休廊
May 10 – June 4, 2019 12:00-19:00 Closed: Wednesday, Thursday, and May 20-21
※田尻健二企画によるフェス形式での展示となります。
一部日程については、小展示室のみ展示が行われている時間帯があります。
 
大展示室 スケジュール概要:
5/10-11 溶解マールイ ひとりぼっち vol.2『PHOTON/Lumière』
5/12-18 ミホリトモヒサ 個展
5/19, 24-26 万城目純 身体思考「ko・n・ma」
5/27-28 相良ゆみ “木漏れし日の、記憶。”
5/31-6/4 CONVOCATORIA INTERNACIONAL DE ARTE DE LATINOAMÉRICA A TOKIO
※各展示の開催日時等について詳しくは、ページ下部のそれぞれの展示案内をご覧ください。
 
合同レセプション・パーティー 6月1日(土)17:00〜20:00
reception party June 1, 2019 17:00 – 20:00
※それ以外のイベントについては各展示欄を参照
写真表現の多様性を志向したDiversity vol.1に引き続き、vol.2では多様性の概念をメディアや展示のプロセスにも拡張。平面作品にインスタレーションやパフォーマンス、映像作品などを加えるとともに、ハプニング的な要素を加えるべく搬入出作業も一部公開。これらをフェスティバル形式で開催。
企画者 田尻健二
 
大展示室スケジュール:
溶解マールイ ひとりぼっち vol.2『PHOTON/Lumière』
5月10日 仕込み/リハーサル(17:00開始予定)
5月11日 仕込み/公演(15:30開場 16:00開演、要予約)
※ 仕込み及びリハーサルは一般公開します。(11日15:00〜15:30を除く)
※ 公演については要予約となります。
※ 5/11の公演はドネーション制です。終演後にお好きな金額をご寄付下さい。
詳しくは溶解マールイ公式ホームページ http://yokaimarui.wixsite.com/yokaimarui をご覧下さい。
ご予約/お問い合わせ→ yokai.marui@gmail.com 迄)
展示形態〜インスタレーション、パフォーマンス
展示概要〜光は細胞に宿る捻れた記憶を照らし、その質量を限りなくゼロにする。
瞼を閉じて意識ごと光の海に溶けゆく時、私達は全ての始まりに身を委ねる事ができる。
“わたし”の世界への信頼と眼差しを、「光」をテーマにことばと小さなものがたり、音を使って表現する一人芝居。
 
ミホリトモヒサ 個展
5月12日(日) 〜 5月18日(土)
12:00〜19:00 最終日は17:00まで
(展示期間内に公開で搬入作業を実施)
展示形態〜インスタレーション
展示概要〜基本的な物理の法則や時間や、空間、光、波、など、広義の自然物とを引用し、美術作品以外に変換不要な作品制作の試みとして展開。
 
万城目純 身体思考「ko・n・ma」
5月19日(日) [意]&5月24日(金) [創]・25(土) [実]・26日(日) [現] 
各日とも13:00~18:00
Ⓐ身体表現公開ワークショップ&クリエーション (13時~16時)
Ⓑ身体展示(16時~17時)&ショーイング (17時~18時)
料金:ⒶⒷ参加者・観覧者とも各日1コマにつき1000円。
展示形態〜身体・思考etc.
展示概要〜「ko・n・ma」は行為・所作の気づき。
 
相良ゆみ “木漏れし日の、記憶。”
5月27日(月)・28日(火)
各日とも13時よりダンス映像投影。夕暮れ、17時よりパフォーマンス。
パフォーマンスのみ(1000円徴収)
 
CONVOCATORIA INTERNACIONAL DE ARTE DE LATINOAMÉRICA A TOKIO
5月31日(金) 〜 6月4日(火)
12:00〜19:00
アーティストトーク 6月1日(土) 16:00〜17:00
(展示期間内に公開で搬入・搬出作業を実施)
キュレーション〜Takaaki Kumagai
展示形態〜平面・立体・映像
展示概要〜コロンビアを中心とするラテンアメリカ在住作家の作品から、日常が営まれアートが実践される「場所」や「場所」のアイデンティティーをテーマとした写真、絵画等を厳選して展示。
 
小展示室スケジュール:
田尻健二「価値あるいは意味」
5月10日(金) 〜 6月4日(火) 休廊日:水曜・木曜および5月20・21日
12:00〜19:00
展示形態〜写真
展示概要〜以前に制作・発表した作品を大量に模写することで、作品がオリジナルであることの価値、あるいは意味を検証する試み。
 
 
作家略歴
溶解マールイ Yokai-Marui
https://yokaimarui.wixsite.com/yokaimarui
⚫︎2014年、男女3人で芝居をする演劇ユニットとして旗揚げ後、大正、昭和の会話劇を中心に、その内に流れる普遍的な人間賛歌を現代的ユーモアを交えつつ “劇場ではないどこか”で 上演して来た。主な作品に「驟雨」、「留守」(岸田國士)、「三の酉」(久保田万太郎) 等。
2017年、したまち演劇祭で発表した「日の出」では大衆をテーマに音楽劇を上演する。
その他主なフェスティバルへの参加に、多摩1キロフェス、雲劇祭、したまち演劇祭in台東 等。
2018年より山葉子の女性一人ユニットとして、創作・パフォーマンス等の活動を行なっている。
 
ミホリトモヒサ Tomohisa Mihori
https://mihori-apg.work
略歴
近年は主に、基本的な物理の法則や時間や、空間、光、波、など、広義の自然物とを引用し、美術作品以外に変換不要な作品制作を試みている。
GITAI ART UNION/擬態美術協会名義で20年近く制作活動後、ミホリ トモヒサ/A piece of GITAI名義で、2013年よりインスタレーションを中心に活動。他、美術家、パフォーマーとして活動する傍ら、ダンサーやパフォーマー、劇団などのための舞台美術を手掛けた活動歴がある。
近年の展示歴
個展 
2018年 The White (東京・神田猿楽町)
     トキ・アート・スペース (東京・外苑前)
2017年 The White (東京・神田猿楽町)
2016年 トキ・アート・スペース (東京・外苑前)
2015年 The White (東京・神田猿楽町)

フェスおよびグループ展 
2018年 丹沢アートフェスティバル 田中現代美術研究所 (秦野・神奈川)
2013年 PLUG展 MUSEE F (東京・表参道)

 
万城目純 Jun Makime/Manjome
「身体と社会」の研究と実践。「身体思考」創始者。

■アートワーク
映像 (フィルム):IMAGE FORUM FESTIVAL‘97大賞、バンクーバー (カナダ)、ロッテルダム (オランダ)、ブリスベン (オーストラリア)、ロンドン (イギリス) など国内外の国際映画祭に招待参加。
美術 (コンセプチャル/ビデオ/インスタレーション):コマンドN、3331など国内の展示の他、グループ展としてベネチア (イタリア)、アントワープ (ベルギー) などで発表。

■身体表現
ダンス:カンパニー「ホワイトダイス」共同主催。ソロ・デュオダンスからディレクションまで毎年、新作を発表。韓国・ドイツ・イタリア・イギリスなどのダンスフェスに招待参加。
演劇: 2009年に劇団「永久個人」立ち上げ、イヨネスコ、アラバールなどの不条理劇からオリジナル作品を毎年発表。
パフォーマンス:MMAC、東京創造芸術祭ほか、国内外のフェスに参加。

★最新作
舞踏劇「九条小町」(現代劇作家シリーズ9「日本国憲法」を上演する参加作品)
4月30日~5月1日 :日暮里・d-倉庫
 
相良ゆみ
http://www.geocities.jp/yumisagarabuto/
ホワイトダイス主宰。
1970年生まれ。東京都出身。88年にNYを拠点として活躍するEiko&Komaとの出会いから、ダンスを本格的に始める。95年より大野一雄舞踏研究所にて舞踏を学ぶ。2005年より及川廣信アルトー館にて、身体、舞踊、芸術について学ぶ。舞台芸術では、『個人的な経験』『人間の普遍』『社会の問題』をテーマにした舞台作品を発表。国内外にてソロ、郡舞作品を発表『boundary』『それでも私は海を見つめていたい』(英.独.伊.韓)
他ジャンルアーティストとのコラボレーションも多数行っている。
(絵画作品) 間島秀徳、真吾フランシス、鈴木省三、他。
(写真家) 飯村昭彦、喜多村みか、田尻健二。
(映像) 万城目純、倉嶋正彦。
また、演劇の客演等も行う。
 
Takaaki Kumagai, Ph.D.
http://sincentro.com/
東京生まれ。米国カンザス大学にて美術史博士号(Ph.D., Art History)、大阪大学大学院にて人類学修士号取得。博士論文 Kitagawa Tamiji’s Art and Art Education: Translating Culture In Postrevolutionary Mexico and Modern Japan.『北川民次の美術と美術教育:革命後メキシコと現代日本における文化の翻訳』https://kuscholarworks.ku.edu/handle/1808/26339
現在:La Salle大学非常勤講師、アーティスト集団/キュレーションプラットフォームSIN|CENTRO発起人、キュレーター。
展覧会キュレーション (いずれも2018年)
サイト/ノンサイト:日本のコンテンポラリーアートにおける「場所」という問題 (サンティアゴ・デ・カリ、コロンビア、県立ファインアートインスティテュート)
線過去/点過去:現代日本の写真とビデオアート、ヴァージョン3 (ボゴタ、コロンビア:ロスアンデス大学)
3.11後の幸福:現代日本のビデオアート (グアナフアト、メキシコ:スペースオブラネグラ)
¨ARCOT2018¨ (セルバンテス文化センター東京)
 
田尻健二 Kenji Tajiri
https://photographer-kenji-tajiri.site/portfolio/
1966年北海道生まれ 東京在住
京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科在学中
近年の展示歴
個展
2018 「症状の肖像」トキ・アート・スペース/東京
2017 「こだわりの果て…」The Artcomplex Center of Tokyo/東京
グループ展、アートフェア
2019 「Al Quoz Fest」CHI-KA/ドバイ
2018 「JAPANISM 2」Pleiades Gallery/ニューヨーク
   「Diversity vol.1」Roonee 247 fine arts/東京 (企画も担当)
   「INTERRUPTED LINE」Colombo Americano Medellín/メデジン
   「fotofever」CARROUSEL DU LOUVRE/パリ
ひらけごま! イフタフ ヤー シムシム! 石原英介展 Open Sesame! Iftah Ya Simsim! Eisuke Ishihara Exhibition
2019/5/18~2019/5/27

トップへ
写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』
2019/5/27~2019/7/6
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.