トップ > CHERRY個展「あたらしい保健体育」
  

CHERRY個展「あたらしい保健体育」

開催期間2019年6月16日(日)~2019年6月30日(日)
休館会期中無休
時間平日15:30-20:00、土日13:00-19:00
会場スペース408302
ホームページhttp://408302.tokyo/
住所東京都渋谷区桜丘町9番地17号 TOC第3ビル 408号室
お問い合わせ先matsug1cherry.h@gmail.com
この度、渋谷にあるスペース408302では、アーティスト・CHERRYの個展『あたらしい保健体育』を開催します。
CHERRYは1998年生まれ。高校時代にフェリックス・ゴンザレス=トレスの作品《Untitled (PerfectLovers)》を知り、感銘を受けます。幼少期より飼い犬に恋愛感情を抱くなど、人間以外の生物や物質にさえ強い情動を覚えていたCHERRYにとって、軽やかな手付きで無機物に感情を託すトレスの作品は強く心に刺さり、美術を志すきっかけとなりました。
デビュー展となる本展では、《LOUNDRY・花ビラ大回転式》の展示・パフォーマンスを通じて、既成の概念にとらわれない性的充足手段、すなわち「新たなセックス」を提案します。
CHERRYは日頃からコミュニケーションの一環としてパートナーの下着を自らの手で洗濯しており、下着を慈しみながら洗う行為から得る充足感を広く伝えたいと考えると同時に、世間では変態として忌み嫌われる存在である下着愛好家の持つ性欲の構造に関心を抱いていると言います。また、今年2月にフリマアプリ「メルカリ」において「青少年保護・育成および衛生上の観点から」「新品であることが証明できない下着類」が出品禁止となったことも本展構想のきっかけとなりました。(※1)
CHERRYの行う愛情表現はともすれば一方的で身勝手なものであり、彼が自身を客観的に見る際はその一方向性について「性的加害者」という言葉を自覚的に用いて説明しています。しかし、愛情表現や性の発散において他の方法を模索せずに無自覚にセックスに興じ続け、それを双方向的なものだと認識してきた私たちこそがある意味では「性的加害者」だったのではないかとCHERRYは問いかけます。
下着を洗う行為で性的に満たされることは「異常」なのか。日常に横溢するセックスは「正常」なのか。世間では「異常」とされる嗜好を自覚するCHERRYだからこそ提示可能な「新たなセックス」を体験しに、ぜひ足をお運びください。

※1 メルカリ「新品下着の出品方法についてのお知らせ」
guess what なんだと思う?
2019/6/17~2019/6/19

トップへ
「アストロロジカルカーニバル -Astrological Carnival-」
2019/7/16~2019/7/31
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.