トップ > 『現代写真アート原論』出版記念トーク 大阪の巻~This is a journey into photo~
  

『現代写真アート原論』出版記念トーク 大阪の巻~This is a journey into photo~

開催期間2019年6月29日(土)~2019年6月29日(土)
時間17:30〜22:00
会場qurio
ホームページhttps://contemporary-photo-art-qurio.peatix.com
住所大阪府大阪市北区天満3-1-3
お問い合わせ先E-mail tm.matsumura@gmail.com  Tel. 090-5012-3906
【テーマ】現代写真アートのRe-mixとアップデート

若手アーティストの発掘や長年実践的にギャラリーを運営して一線で活動する編集者・クリエイティブディレクターの後藤繁雄さんによる書籍『現代写真アート原論』(港千尋さん、深川雅文さん共著)の発刊を記念したトークイベントが大阪で開催!

対談相手に、アーティストの水木塁さんをお迎えします。
写真や立体物を既存の表現方法とは違う角度から再編するアプローチが、名編集者の後藤さんからどう写るのか。

スケートボードやDJを行っている水木さんの身体感覚を通じて生み出されるアート作品についての話から、後藤さんが考える現代アート写真のこれまでとこれからにいたるまで。

3時間のロングトークセッション!ぜひご参加ください。

【イベント概要】

・日時
2019年6月29日(土)

17:30~ 受付開始
18:00~21:00 トークイベント
21:00~22:00 アフターパーティー

・料金
¥2,000

・出演
後藤繁雄、水木塁

・場所
qurio(大阪市北区天満3-1-3)

・定員
25名

・企画/主催
qurio

・イベントURL
https://contemporary-photo-art-qurio.peatix.com

【出演者プロフィール】

・後藤繁雄(ごとう・しげお)
編集者、クリエイティブディレクター、アートプロデューサー。京都造形芸術大学教授。1954年大阪府生まれ。坂本龍一、細野晴臣、篠山紀信、荒木経惟、蜷川実花、名和晃平らのアーティストブック、写真集を編集。展覧会のキュレイション、若手アーティストの発掘・育成・サポート、アートスタッフの育成などにも力を入れ、幅広く活躍している。

・水木 塁(みずき・るい)
1983年京都府生まれ、京都在住。 2006年に京都市立芸術大学・美術学部工芸科・ 漆工専攻を卒業、2016年に京都市立芸術大学大学院・ 美術研究科博士後期課程修了、博士(美術)学位を取得。

近年の展覧会として、個展『東下り』(WAITINGROOM、 東京、2019年)
グループ展『行為の編纂』(TOKAS本郷 、東京、2018年)、個展『都市のモザイク』(ARTZONE 、京都、2018年)
個展『C’s』(RMIT PROJECT SPACE、メルボルン、2017年)、個展『鏡と穴-彫刻と写 真の界面 vol.3 水木塁』(gallery αM、東京、2017年)
『NEO-EDEN』(蘇州金鶏湖美 術館、蘇州、2016年)、グループ展『STEP OUT! New Japanese Photographers』(IMA gallery、東京、2015年)
PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭 特別連携プログラム『still moving』(元崇仁小学校、京都、2015 年)、グループ展『NIPPON NOW Junge japanische Kunst und das Rheinland』(E.ON、デュッセルドルフ、2014年 )
二人展『flowing urbanity』(ART68、ケルン、2013年)、グルー プ展『水の情景-モネ・大観から現代まで』(横浜美術館、神奈川 、2007年)など 国内外多数。

http://mizukirui.net/


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.