トップ > 「Re: 鎌倉明弘展-多数の観測者による報告会-」
  

「Re: 鎌倉明弘展-多数の観測者による報告会-」

開催期間2019年7月27日(土)~2019年7月29日(月)
休館なし
時間10:30-18:30 (最終日17:30)
会場ギャラリー創芸工房
ホームページhttp://g-sougei.com
住所福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
お問い合わせ先E-mail info@g-sougei.com  Tel. 0246-29-3826
高次元現出装置(回転綿棒立体)4号機 A.D.I.C.T(Another Dimension Image Creation Tool) #4
鎌倉明弘は18歳で地元いわきを離れ東京にて現代美術を学び、その後30歳までの間、精力的に制作を続けていた作家です。また彼は音楽活動にも力を入れておりました。作品タイトル、作詞した歌詞、日常的な会話のなかに、「幽霊」「高次元」「狐」などの表現が度々登場しました。作品に使われる素材に着目すると、綿棒や、風呂蓋、ホットボンド、ダンボールといった日用品や消耗品のようなチープで非伝統的な素材が多い事がわかります。それにも関わらず、彼の作品からは崇高なエネルギーを感じとる事が出来ます。それは彼が、様々なことがら、例えば量子力学や、文化人類学にまで興味関心を持ち、そして制作の過程で、彼の中で何度も思考実験が行われて言葉のイメージと素材が固く結び付けられていたからだと考えます。
彼が残していった作品や音楽、また言葉たちは今も私たちに新たな思考体験を与えてくれます。彼が生前残したものの中に「観測者」という数ページからなるテキストがあります。本展では、彼の残した作品を展示すると共に、見に来た人ひとりひとりが「観測者」となり、それぞれの立場から鎌倉明弘について考察あるいは再考察できる場になれば…。という思いを込め、彼の言葉を借り展覧会タイトルをつけさせて頂きました。是非、ゆっくりとご覧頂ければと思います。
キツネスタジオ(鎌倉明弘展実行委員会)
日本宝飾クラフト学院 サマーセミナー
2019/7/23~2019/8/24

トップへ
晴れ とき々 水たまり  ー 山田のや展 ー
2019/8/10~2019/10/14
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.