トップ > ニカサン/三野新『うまく落ちる練習』
  

ニカサン/三野新『うまく落ちる練習』

開催期間2019年9月14日(土)~2019年9月16日(月)
時間9月14日(土)20:00 9月15日(日)14:00 / 20:00 9月16日(月・祝)15:00
会場京都芸術センター
ホームページhttps://www.kac.or.jp/events/26526/
住所京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
お問い合わせ先075-213-1000
宣伝美術:石塚俊
ニカサン/三野新の2年ぶりの公演がついに開幕!

昨年発表された映像・パフォーマンス作品『アフターフィルム』を経て、Chim↑Pomによる「にんげんレストラン」で行われた「『息』をしつづけている」は、会期中何度も投身自殺に遭遇した三野の衝撃的な経験を元に制作された。ベケットの不条理戯曲から始まった二つの異なるパフォーマンスを融合し、架空の未来を舞台にした演劇公演を東京・京都で上演する。本公演に向けて、京都では、6月に街との身体的な関わりから作品を立ち上げる創作ワークショップを行い、7月に試演会を行った。上へ上へと伸びていく都市開発で増殖する、均質で滑らかな風景のなか、「うまく生きる/死ぬ」こともまた、共に形を変えていくのか。

----------
人間が絶滅に向かう世界で、
「わたしたち」の頭のなかは、
これからすぐにどう死ぬべきなのか?
ということでいっぱいだ。
今日も「投身練習場」と呼ばれる
健康増進パークは、
リラクゼーションミュージックと
仮囲いの部屋に囲まれた
「清潔で安全な」場所の中で営業している。
うまく落ちられなかった「彼女」の息は
誰にも聞こえることはなかった。
「わたし」は誰もいなくなっても、
投身練習を続けていく。
「うまく落ちる」練習を続けるわたしたちは、
身体に何を宿らせて、落ちていくのだろうか。
----------

■日時
9月14日(土)20:00
9月15日(日)14:00 / 20:00
9月16日(月・祝)15:00

■料金
前売 3,000円・当日3,500円

■出演・スタッフ
脚本・写真| 三野新
演出| 三野新と出演者たち
出演| ※後日発表します
衣裳| パグメント
宣伝美術| 石塚俊
原案| サミュエル・ベケット『フィルム』『息』
制作| ニカサン
制作協力| 清水聡美

----------

【三野新(みの・あらた)】
1987年福岡県生まれ。ニカサン主宰。写真家・舞台作家。「恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに作家活動を行っており、物語・写真行為・演劇を横断的に試行/思考しながら制作している。主な受賞歴にフェスティバル / トーキョー 12公募プログラム選出、第2回・第4回写真「1_WALL」展入賞、第17回AAF戯曲賞ファイナリストなど。「『息』をし続けている」は人間レストラン(歌舞伎町)にて常設展示中。
https://www.aratamino.com/
CAT-MIX (キャットミックス展)
2019/9/14~2019/9/16

トップへ
展覧会「二つの部屋、三つのケース」
2019/8/27~2019/9/29
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.