トップ > 青陽 – seiyou – 日本画選抜9人展
  

青陽 – seiyou – 日本画選抜9人展

開催期間2020年3月16日(月)~2020年3月21日(土)
時間12:30〜20:00(最終日は17:00まで)
会場GALLERY ART POINT
ホームページhttp://artpoint.jp/
住所東京都中央区銀座1-22-12 藤和銀座一丁目ビル6F
お問い合わせ先E-mail artlinks.yk@gmail.com  Tel. 03-6263-2563
青陽とは、五行説で、青は春、陽は陽気の盛んであることから「春の日の光」「初春」を意味します。
本展では、日本画の世界に光をあて、日本画の世界で美を追求するアーティスト9名を選出し、
初春の会期に岩絵の具という画肌のなかに表現される作家たちが魅せる作品世界を展観します。
日本画の魅力は独特の美しい色を生み出す絵の具の魅力、絵の具の宝石のような顔料の輝きと煌き、柔らかな光を放つ画肌、独特なマチエールなどほかの画材とは違った魅力が溢れています。
明治維新以降、日本は急速に近代化が進み、あらゆるものがめまぐるしく変容し美術界も、西洋の影響を多大に受けることになります。そうしたなか、従来の伝統的な日本の絵画は、西洋から移入された「洋画」と区別するため「日本画」と称されるようになりました。
2000年代中頃から日本画は、現代アートと交錯するようになり花鳥風月ではないカジュアルなものやサブカルな画題を取り入れるなど伝統的な日本画の手法を借りながら、現代アートの最先端を切り開くアーティストも現れ、日本画を基調とした作品は世界からも注目を集めるようになっています。
展示作品を通じ日本画というテーマで様々な技法とスタイルの中に映し出される心象世界をコンテンポラリーアートシーンの問題として捉え、日本の伝統的な技法や様式の上に育てられ、熟成発展した日本画という視覚芸術に今一度その価値を求め、日本画の王道的見地に立脚し次世代の日本画の可能性と方向性を探りたいと思います。
開藤 菜々子 展
2020/3/6~2020/3/21

トップへ
杉山有沙/濵田敬史 Dinette〜記憶を辿る〜
2020/3/2~2020/3/7
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.