トップ > BattleField2
  

BattleField2

開催期間2020年2月21日(金)~2020年3月1日(日)
休館会期中無休
時間11:00~20:00
会場Room_412
ホームページhttp://room412.jp
住所東京都渋谷区桜丘町15-8, 高木ビル412号
お問い合わせ先E-mail info@room412.jp  Tel. 05053198428
バトルフィールド2
本展は「バトル」をテーマに据えます。
「バトル」とは、何らかの到達点に向いて衝突が起こる出来事です。
一方から他方へ力が加わることにより、どちらも変形・損傷しえます。
ゆえに現実では、非常に面倒くさく、また恥ずかしいものです。
2回目となる今回は、中盤戦です。
それは(それ以前から来る疲労やその先を読む体力などの)足かせをもった静かな拮抗を指す謂いでもあります。
同時に、自身を客体化し相手を主体化することによって図られるその先読みは、およそ刹那的な行いです。
そしてその行いを絶え間なくやるために必要なのは、集中という名のメモリの節約です。
そこで捨てられるものは何でしょうか。
捨てざるをえないものを捨てて初めて前進し得たとしても、私たちは何が捨てられたかを忘れることが可能です。
対して、捨てざるをえない全てを抱えたまま集中することは可能でしょうか。
ここを本展における一つのアンカーポイントとして考えます。
本展展示者はそれぞれがそれぞれの拮抗を持っています。
荒川は対風景、大町は対自意識、岡は対シミュレーションの活用、桒原は対リズムの存立、佐野は対観客、永田は対大きいもの、元岡は対モノそのもの。
Room_412にてこれらの拮抗を展開します。
桒原幹治 2020.01.26
【参加者プロフィール】
・荒川 弘憲 Koken ARAKAWA
1993年韓国ソウル市出身
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科3年 在籍
人とモノと風景との対話から、ユニークでノンリニアな世界のための制作を行う。「jam」、「つたなさ」、「その辺」などがキーワード。
・大町龍司 Ryuji OMACHI
1999 北海道札幌市出身
東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻2年 在籍
失恋をきっかけに主に少女を制作してきた。古典的な絵画と原始的な感情の総合を目指す。
・岡 千穂 Chiho OKA
1995年 岡山県出身
東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科 卒業
東京藝術大学映像研究科メディア映像専攻 在籍
コンピューター、オーディオサンプルを用いたアルゴリズミック・コンポジション、ソフトウェアやフォーマットといった環境、またそれを/が形作るコミュニティ等の環境に、興味関心を持っている。
・桒原幹治 Kanji KUWAHARA
1998年 宮崎市出身
東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科 在籍
リズムについて考える。​打楽器的な経験や論理的否定の思考をもとに、制作や演奏を行う。日本リズム学会学生会員。
・佐野幹仁 Mikihito SANO
1996年 兵庫県出身
東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻 在籍
打楽器をやってます。ですが打楽器をやりたい訳ではなく、自分を表現するのに今たまたま適しているのがそれなだけです。
・永田風薫 Fuka NAGATA
1998年 静岡県浜松市出身
東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科 在籍
メディア、都市、自分より大きいものに関心がある。
・元岡奈央 Nao MOTOOKA
1998年 愛媛県松山市出身
東京芸術大学美術学部先端芸術表現科 在籍
好きでもない家族のおさがりを着ることで実存と身に纏うものの関係に時間軸やその政治を取り入れた接点から考えるようになった。それでいて古物の恒久性に憧れている。
ART LEAP 2019「いらっしゃいませようこそ」
2020/2/22~2020/3/15

トップへ
宗玄浩写真展”Quiet Cuba”
2020/2/22~2020/3/1
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.