トップ > 「写真/光をうけとる」トークセッション vol.5 志賀理江子 × 木村朗子
  

「写真/光をうけとる」トークセッション vol.5 志賀理江子 × 木村朗子

開催期間2020年3月28日(土)~2020年3月28日(土)
休館会期中無休
時間14:00-15:30(13:30開場)
会場スパイラルルーム(スパイラル9F)
ホームページhttps://www.spiral.co.jp/topics/spiral-room/photo_2019
住所東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ先E-mail school@spiral.co.jp  Tel. 0334981171
photo:Kimura Akiko
写真家の木村朗子さんを聞き手とした、写真作品がテーマのトークセッションを開催します。
5回目のゲストは写真家の志賀理江子さん。
作品への理解を丁寧に深めていきます。簡単なワークショップや交流会の開催も予定。
作家の言葉を身近に感じられる貴重な機会です。
表現技法としての「写真」に興味がある方、「写真」作品の作り手、「写真」の面白さを深めたい方におすすめの講座です。

以下、木村朗子さんからのメッセージです。

「私はこれまで数多くの『写真』に心を打たれ、たくさんの発見や喜びをあたえてもらってきました。
写真をみるとき、同じ写真でも見るたびごとに見えてくるものや受け取るものが違うことに驚かされ、そしてその面白さに感じ入ることが幾度となくありました。みなさんはこれまでどのような写真をどんなふうにみてこられましたか?
そしてこれから、どのような写真をみてみたいでしょうか?

このたび『写真という技法で作品を生みつづけている作家』の方々をお招きしお話を伺いながら、作品から発せられるものの豊かさや自由さについてみなさんと共有する時間をもてたらと思っています。
トークセッションに続いて、ゲスト作家の方の作品から受け取ったものを参加者の方々と言葉にしながら共有するワークショップの時間や、直接作家の方たちと交流していただく時間をつくらせていただき、みなさまとご一緒にあたたかな場を過ごせたら嬉しいです。

まだ開いていない『写真』のもうひとつのドアは、みなさんの中にあるような気がしています。
そのドアが開くとき、どのようなあたらしい世界がひろがっていくのでしょうか? 楽しみにしております。」 ―木村朗子

〈登壇者プロフィール〉
志賀 理江子/Shiga Lieko
1980年、愛知県生まれ。04年Chelsea College of Art and Design(ロンドン)卒業。2008年より宮城県在住。展覧会に12年 「螺旋海岸」展(個展・せんだいメディアテーク)開催。その他、15年「In the Wake」展(ボストン美術館)、「New Photography 2015」展(ニューヨーク近代美術館)、17年「ブラインド・デート」展(個展・猪熊弦 一郎現代美術館)等。

木村 朗子/ Kimura Akiko
1971年生まれ写真家。
小学生のときに父のカメラを使い撮影を始める。大学を卒業後、会社勤務のかたわら写真による作品の制作を開始する。最近の展覧会に『うちなる光 -stillness-』evam eva yamanashi(山梨)、『 i 』book obscura(東京)など。
https://akikokimura.jp

■ 開催概要
ゲスト作家/開講日時:
vol.5 志賀理江子 2020年3月28日(土)14:00-15:30(13:30開場)

会場:
スパイラルルーム(スパイラル9F)
東京都港区南青山5-6-23

受講料:
各回 一般2,750円 学生2,200円 交流会550円(1ドリンク付き)
*すべて税込。
*交流会は先着20名まで。講座終了後、同会場にてゲスト作家を囲んで1時間程度開催。

定員:
各回40名(定員に達し次第締切)

■ 講座お申込み方法
下記Peatixページにてお申込みください。
https://spiralschole2019-photo-5.peatix.com

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.