トップ > Interdisciplinary Art Festival Tokyo 19/20 (IAFT19/20)
  

Interdisciplinary Art Festival Tokyo 19/20 (IAFT19/20)

開催期間2020年3月20日(金)~2020年3月29日(日)
会場COMMUNE(表参道)、IKI-BA(表参道)、MIDORI.so2 GALLERY(表参道)、ComMunE(渋谷PARCO)、K5・B (日本橋兜町)
ホームページhttp://i-a-f-t.net
住所東京都表参道 他
お問い合わせ先info@i-a-f-t.net
インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ 19/20が、あと、2週間ほどで開催となります。
新型コロナウイルスの感染が拡大している状況下ではありますが、当イベントは、予定通り実施となります。
ギャラリーを含む可能な施設で、室内の換気、乾燥対策を行い、空気が会場内に滞留しないよう努めます。

ーーー
インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウは、2014年から2020年まで、毎年、開催時期をあえて定めず、地域を限定せず、東京を中心に、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア、UK、デンマーク、アルゼンチン等の作家、映画祭やインディペンデントに活動する団体とエクスチェンジプログラムやコラボレーションを行い、現代アートの展示、映像上映、パフォーマンス、演劇、トーク、レクチャーやワークショップを行ってきました。海外の各アート団体、キュレーターやアーティストと共に東京の中心地、表参道・渋谷・日本橋エリアで2020年3月20日(金・祝)から3月29日(日)までアート作品やパフォーマンスなどを紹介いたします。

Interdisciplinary Art Festival Tokyo 19/20
インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ19/20

2020年3月20日(金・祝)ー3月29日(日) [10日間]

会場: COMMUNE(表参道)、IKI-BA(表参道)、MIDORI.so2 GALLERY(表参道)、ComMunE(渋谷PARCO)、K5・B(日本橋兜町)
主催: Interdisciplinary Art Festival Tokyo
助成: グレイトブリテン・ササカワ財団、IDA Awards、University of Atypical、WALLONIA - BRUSSELS INTERNATIONAL
後援: デンマーク王国大使館、国際交流基金、ブリティッシュ・カウンシル
協力: Turf Projects、Makers Of Stuff Squad (MOSS)、Performance Køkkenet、NPO法人studio FLAT

コンセプト
WomanとManあるいはWomanの中のmanの一本の斜線がくっつくことで、性別の区別とボーダーを曖昧にし、全ての性と共存することを意味します。「女性」から始まる問題提起をフェミニズムの観点やジェンダーの不均衡による権利獲得運動の機運を盛り上げるのではなく、現在までに定義されてきた「女性」という存在を生物学的/社会的に現代アートで問いただし、新たな視点で私たちを取り巻く社会を考察します。

IAFT19/20 オープニング
開催日: 2020年3月21日(土)
時間: 18:00~20:00
会場: K5・B(日本橋兜町)
料金: 1drink制

IAFT19/20 展覧会
開催日: 2020年3月20日(金・祝)ー3月29日(日)
会場&時間: IKI-BA(表参道)11:00~20:00、MIDORI.so2 GALLERY(表参道)11:00~20:00、K5・B(日本橋兜町)月-金 16:00~23:00・土日祝 13:00~23:00
参加アーティスト: ラファエル、リオル・シャムリッツ、デビッド・セバスチャン・ロペス・レストレポ、ジヌック・サルカール+studio FLATのアーティスト、Yellow Yellow、西山修平、韓成南
料金: 無料

▶IAFTのメインプロジェクトである映像とオーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンスの祭典。IAFT19/20では、「女・女性」をテーマにした映像をキュレーション。一筋縄ではいかない、現在的アプローチの各映像作品を通じて有性生殖を行う生物としての人間の性をあらためて問い直します。

IAFT19/20 障がいのある人たち向けのアートワークショップ
開催日: 2020年3月16日(月)
時間: 10:00~12:00
会場: gallery FLAT(新川崎)
講師: ジヌック・サルカール
料金: 無料

▶UKよりJhinuk Sarkar氏を招聘し、障がいのある人たち向けのアートワークショップを行います。UKと日本の取り組み方の違いを楽しみ、国際交流を促進します。

IAFT19/20 野外アートパフォーマンス
開催日: 2020年3月20日(金・祝)
時間: 11:00~18:00
会場: COMMUNE(表参道)、IKI-BA(表参道)
参加アーティスト: シネイド・オドネル、たかぎまゆ.+杵屋浅吉、米澤一平+他、ヤスキチ+他、&他アーティスト予定
料金: 自由料金制

▶ゲストパフォーマンスアーティスト、Sinéad O'Donnell(北アイルランド)を中心に東京をベースとしたアーティストたちが、表参道の野外で競演!自由料金制で開催されます。

IAFT19/20 9 hours x 2 展覧会「Blue Back Yellow Yellow」
開催日時: 2020年3月25日(水)14:00~23:00 & 3月26日(木)11:00~20:00
会場: ComMunE(渋谷PARCO 10F)
参加アーティスト: Yellow Yellow、韓成南
料金: 無料

▶黄色をテーマにデザインやアート作品を制作するYellow Yellowとブルーバックによるキーイングという映像合成技術を用いた鑑賞者参加型のインスタレーションや映像パフォーマンス作品を制作する韓成南が、ComMunE(渋谷PARCO)で新作インスタレーションを展示します。

IAFT19/20 オーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンス&フードパフォーマンス&アーティストトーク
開催日: 2020年3月28日(土)
時間: 12:00~20:00[トーク 18:00~、パフォーマンス 19:00~]
会場: IKI-BA(表参道)
アーティストトーク: IAFT19/20 参加作家
オーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンス: ラファエル
フードパフォーマンス「BYYB」: 韓成南、Yellow Yellow、野島二郎[料理担当]

▶黄色をテーマにデザインやアート作品を制作するYellow Yellowとブルーバックによるキーイングという映像合成技術を用いた鑑賞者参加型のインスタレーションや映像パフォーマンス作品を制作する韓成南が、黄色と青色の五感の中でも視覚を刺激する料理を提供するという、フードパフォーマンスを行います。

料金
1500円 +1drink <限定30食>
プレミアム 3000円 +1drink <限定10食>

IAFT19/20 スペシャルトーク&フードパフォーマンス
開催日: 2020年3月29日(日)
時間: 12:00~20:00[スペシャルトーク 14:00~]
会場: IKI-BA(表参道)
登壇者: 久保友香(メディア環境学者)、韓成南(アーティスト/IAFTディレクター)
フードパフォーマンス「BYYB」: 韓成南、Yellow Yellow、野島二郎[料理担当]
料金: 1500円 +1drink <限定30食>
プレミアム 3000円 +1drink <限定10食>
スペシャルトークのみ: 1000円 +1drink <定員20名・予約受付先着順>
スペシャルトーク+フードパフォーマンス 2000円 +1drink <限定10食・事前予約のみ>

※スペシャルトークは、ご予約優先です。
※スペシャルトーク予約は、Peatix専用サイト https://iaft1920-200329.peatix.com より、ご予約ください。
※諸注意はPeatix予約専用サイトをご参照ください。

▶1990年代、渋谷に現れた、日焼け肌に茶髪の「ギャル」ファッション。2000年代、つけまつげやカラコン、プリクラやガラケーの自撮りで作られた「デカ目」顔。2010年代、スマホで撮影した、異様なほど色鮮やかな「インスタ映え」写真。日本の女の子たちが行うビジュアル表現は、大人にはいささか不可解なこともあるが、それらはいかにして生まれるのだろうか?日本の女の子たちの「盛り」文化を、メディア・テクノロジーの革新との関係から、ひも解きます。

▶黄色をテーマにデザインやアート作品を制作するYellow Yellowとブルーバックによるキーイングという映像合成技術を用いた鑑賞者参加型のインスタレーションや映像パフォーマンス作品を制作する韓成南が、黄色と青色の五感の中でも視覚を刺激する料理を提供するという、フードパフォーマンスを行います。

Interdisciplinary Art Festival Tokyo インターディシプリナリー・アート・フェスティバル・トウキョウ
Interdisciplinary Artという観点で、発表の場や観客が固定されてしまう現状を打破し、ジャンルに依拠しない活動を行うアーティストを発掘、そして新たな観客や価値を創造するために、Far East Audio Visual Socialization(FEAVS)が母体となり、2009年に設立しました。演劇とも言えず、音楽のライブとも断言できず、映画の上映会に限らない等、様々なジャンルを横断し表現活動を行うアーティストをフィーチャーし、よりダイナミックで現代社会に即したアートフェスティバルを行うことで、新たな価値をクリエイトし、人と人とをつなぐことを目的としています。
枠組みを超えたからこそ属しきれない、実験的で先鋭的なアートを歓迎し、紹介することで、アーティストの発表の場を拡張し、より多くの観客に新しい自由な観点と豊かな驚きを提供/普及させることを意図としています。表現者側と鑑賞者側、相互間で創造と価値をフィードバックしていき、新たなアートが生まれるための土壌を作り、アートシーンを活性化させることを目指します。明確なコンセプトの元で革新的な表現を行うアーティストをフィーチャーした新しいフェスティバルです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

E-mail info@i-a-f-t.net
Website http://i-a-f-t.net
Facebook https://www.facebook.com/IAFTiaft/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.