トップ > KIZUNA 2020 -アートの力美術館支援プロジェクト-  展
  

KIZUNA 2020 -アートの力美術館支援プロジェクト-  展

開催期間2020年7月20日(月)~2020年7月25日(土)
休館日曜日
時間12:30〜20:00(最終日は17:00まで)
会場GALLERY ART POINT
ホームページhttp://artpoint.jp/
住所東京都東京都中央区銀座 1-22-12 藤和銀座一丁目ビル6F
お問い合わせ先E-mail artlinks.yk@gmail.com  Tel. 0362632563
弊画廊は1969年、コンテンポラリーアートギャラリーとして開廊し、現在までこの銀座の地でたくさんの アーティストの展覧会をプロデュースしてきました。
弊画廊の歴史は、様々な“繋がり““絆-KIZUNA“によって支えられたものであります。
それは第一に画廊とアーティストとの繋がり、そして弊画廊にご来廊いただいたお客様との繋がりであります。こうして受け継がれた歴史を今後は新たな未来に繋げていかなければなりません。

現在、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、私たちは災害や疫病など、命の尊さ、について考える時に直面しております。
弊画廊ではこのような状況だからこそアート作品の本来の力、人の心を豊にする力が必要と考えております。

KIZUNA展では会場の展示以外にも作家様の作品や会場の様子をオンライン番組で紹介し、全国や世界中で自宅待機されている方へ作家の作品の力を届け、不安な心を少しでも安らかに、少しでも心が豊になれるようご紹介いたします。

今まさに、アーティストの作品の力が必要な時だと考えます。
また、新型コロナウイルス感染拡大を受け、芸術文化活動をするアーティストが活動できなくなっている現状があり休館になっている 美術館も数多くあります。

本展では、アートの力美術館支援プロジェクトとして現在運営が厳しくなっている、行政や企業からの助成のない私設の美術館である「原爆の図丸木美術館」に収益の10%を寄付し、作品販売分の収益は全て寄付をいたします。「原爆の図丸木美術館」は埼玉県東松山市で開館している、油彩画家の丸木俊(1912-2000)夫妻が共同制作した連作「原爆の図」を常設展示する美術館です。
命の尊さや重み、命を思う場である美術館を感染の収束後にも、次の世代に未来に繋げていかなければと考えます。
塚原克孝個展 透明な水彩・層
2020/7/13~2020/7/22

トップへ
アキバタマビ21 第83回展覧会「雨足に沿って 舵をとる Steering along with tempo of rain.」
2020/7/4~2020/8/9
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.