トップ > 〈没後10年〉瀬川康男 坦(たん)雲亭(うんてい)日乗(にちじょう)―絵と物語の間(あわい)
  

〈没後10年〉瀬川康男 坦(たん)雲亭(うんてい)日乗(にちじょう)―絵と物語の間(あわい)

開催期間2020年3月1日(日)~2020年10月11日(日)
休館月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
時間10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
会場ちひろ美術館・東京
ホームページhttps://chihiro.jp
住所東京都練馬区下石神井4-7-2
お問い合わせ先03-3995-0612
〈没後10年〉瀬川康男 坦(たん)雲亭(うんてい)日乗(にちじょう)―絵と物語の間(あわい)
2020年3月1日(日)~10月11日(日) ※会期延長となりました

1960年代、『ふしぎなたけのこ』や『いないいないばあ』など、数々の絵本を発表し、絵本界で注目を集めた瀬川康男。1977年、都会の喧騒からはなれ、群馬県の北軽井沢に移り住んだ瀬川は、植物や動物の写生を通して、自然が生み出す形と向き合っていきました。1982年、瀬川は長野県の青木村の古い大きな家に居を移します。「坦雲亭」と名付けたこの家で、友人や愛犬たちとの交流を深めながら、自作の絵本や壮大な歴史絵本『絵巻平家物語』シリーズなどを生み出していきました。この時期から「坦雲亭日乗」と題した日記を書き始めます。晩年まで記し続けたこの日記には、画家が生きた時間のすべてが記録されています。本展では、日記「坦雲亭日乗」やノートにつづった画家のことばを手がかりに、絵本原画、タブロー、スケッチなどの作品を約80点展示します。「絵をつかまえて生きようと思った」と語った画家・瀬川康男の絵にかけた思いと人生に迫ります。

同時開催:いわさきちひろ 子どものしあわせ―12年の軌跡
2020年3月1日(日)~10月11日(日) ※会期延長となりました

※諸般の状況をふまえ、展覧会会期は予告なしで変更する可能性があります。随時、最新情報は当館HPでお知らせしますので、お手数ですが、ご確認頂ければ幸いです。
 また、感染症拡散防止のため十分な措置を講じたうえで6/20より再開致しました。当館HPの「ご来館に際してのご協力のお願い」をご確認のうえ、ご来館くださいますようお願いいたします。

■ちひろ美術館・東京
〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2  chihiro.jp
テレホンガイド 03-3995-3001 TEL.03-3995-0612 FAX 03-3995-0680
●開館時間…10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
●休館日…月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
●入館料…大人1000円/高校生以下無料/リピート割引500円/年間パスポート3000円 
●アクセス…西武新宿線上井草駅下車徒歩7分

トップへ
ニックネーム  
※個々の口コミ・評価は、ユーザーによる主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つのご参考としてご活用ください。
 2020.7.30 
当館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、お客さまとスタッフの健康と安全確保のため、当面の間、下記の通り、開館時間を変更させていただきます。
ご来館予定のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
【開館時間】10:00~16:00(最終入館15:30)
【期間】2020年7月11日(土)より当面の間
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.