トップ > ACT企画グループ展「INTRO 9 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」
  

ACT企画グループ展「INTRO 9 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」

開催期間2020年9月29日(火)~2020年10月11日(日)
休館月曜休館
時間11:00-19:00※最終日は17:00まで
会場The Artcomplex Center of Tokyo
ホームページhttp://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT205/intro9.html
住所東京都新宿区大京町12-9 2F
お問い合わせ先E-mail info@gallerycomplex.com  Tel. 03-3341-3253
ACT企画グループ展「INTRO 9 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」
ACT企画グループ展「INTRO 9 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」

アートコンプレックスセンターは若手作家のアーティスト活動を積極的にサポートし「アート・コミュニティ」の創造と発展を目的とし、設立致しました。アートコンプレックスセンターの「アーティストサポート」の志を元に、多くの若手作家と交流を持ち、ご支援されている山本冬彦さんに作家様の推薦をしていただき、展覧会を開催致します。

「現代アート」の出現で、日本画・洋画などのファインアートとイラスト・絵本・漫画などの商業アートのジャンルがあいまいになり垣根を越えた活動をする作家や愛好家も増えています。そんな中でアートコンプレックスセンターはその中間分野の拡大と両者の橋渡し役をする存在でもあります。今回の企画展では、そのあたりを考慮したボーダーラインの作家やジャンルを超えた作家による異業種交流会、他流試合のような推薦作家展にしたいと思っています。
山本冬彦

■ 会期
2020/9/29(火)-10/11(日)
11:00-19:00 ※月曜休館、最終日は17:00まで
ご来館の際は事前予約をしていただくよう、お願いいたします。
詳細は以下のwebよりご覧ください。
http://www.gallerycomplex.com/v.html

■ 会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■ 入場料 無料

■ webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT205/intro9.html

■ 出展作家
江上秋花/藤原悠里/史枝/數本冴英佳/鯉江桃子/三宅由希子
尾崎里樺/佐々木ゆか/鈴木ひょっとこ/髙橋 諒/玉井佐知/渡辺泰史

■ 作家紹介
江上秋花 / EGAMI Akika
https://www.instagram.com/egamiiiii/

自然物や身近な物をモチーフに、テキスタイル表現を使用して制作しています。

◎作家プロフィール
1993年 東京生まれ
2018年 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
2020年 同大学大学院美術研究科デザイン専攻描画装飾研究室修了

◎主な展示歴、活動歴
2019年 O+展 新生堂 表参道
2019年 見参 パークタワー 新宿
2020年 アートの力 伊勢丹 新宿
2020年 第68回東京藝術大学卒業・修了作品展 上野
2020年 O+展 新生堂 表参道
2020年 今昔絵図展 GINZA SIX Artglorieux GALLERY OF TOKYO 銀座

=====

藤原悠里 / FUJIWARA Yuri
https://www.uri777.com/

「書道をポップアートに」というコンセプトのもと、作品を作っております。
金文(約3000年前の象形文字)の古典臨書をメインに、いろいろな文字を使って文字で表現することを追求しております。

◎作家プロフィール
佐賀県生まれ。6歳から書道を始め、17歳で師範免許を取得。
現在は音楽業界に勤めながら、併行してアーティストとして創作活動を行っている。

◎主な展示歴、活動歴
2020年
Kowaii展/銀座新井画廊/東京
名作REBORN展/松坂屋上野店/東京

2019年
MSC クルーズジャパンオフィス内アート&レストルーム壁紙デザイン/東京
個展/Gem Nakameguro/東京
KENZAN2019/新宿パークタワー/東京
個展/FRAMES中目黒/東京/東京

=====

史枝 / Fumieda
https://fumieda.com/

古布を使用したパッチワーク作品を中心に
自身の心情を表現しています。

◎作家プロフィール
兵庫県出身 大阪在住

◎主な展示歴、活動歴
2020年 二人展 「小さじ、すりきり一杯」 doremifa / 東京
2018年 グループ展「雪待月の服と絵展」恵文社 / 京都
2017年 個展「気のぬけた展」2nd SPACE KOBE / 神戸

◎主な受賞歴
2019年  UNKNOWN ASIA  カツミ賞・メビック 賞受賞 /大阪

=====

數本冴英佳 / KAZUMOTO Saeka
https://sek-k.tumblr.com/

無垢な幼子の持つ時に残酷で危いところ、美しく儚い物の持つ醜く鋭利であやふやな世界を少女や女性をモチーフにして描いでいます。

◎作家プロフィール
1993年 仙台市生まれ
2012年 東北生活文化大学美術コース卒業
2016年 東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画 卒業?
宮城芸術協会会員

◎主な展示歴、活動歴
2015年 宮城県芸術祭 公募の部 宮城芸術協会賞 受賞
2017年 第4回新春日本画展 晩翠画廊/仙台
2018年 宮城芸術協会 会員の部 公益財団法人カメイ社会教育振興財団賞 受賞
2018年 第55回宮城県芸術祭絵画展 受賞者作品展 東京エレクトロンホール宮城/仙台
2018年 Orbit EXHIBITION 1TO2 BLDG /仙台
2019年 河北美術展 東北福祉大学賞 受賞
2019年 宮城芸術協会 会員の部 宮城県知事賞 受賞
2019年 第56回宮城県芸術祭絵画展 受賞者作品展 東京エレクトロンホール宮城/仙台
2019年 SEIBUN ART Exhibition 2019  仙台メディアテーク/仙台
2019年 SEIBUN ART ExhibitionⅡ ギャラリー専/仙台

=====

鯉江桃子 / KOIE momoko
instagram.com/momokokoie
https://warayagi.exblog.jp/
https://www.facebook.com/MomokoKoie

◎作家プロフィール
1982年 愛知県生まれ 神奈川県在住
2006年 武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科 卒業
2015年 人物画に魅せられ独自のスタイルの美人画を追求し絵画制作を始める

◎主な展覧会
2015年
企業コラボアート東京2015公募展 準グランプリ  (企業コラボアート東京×DICグラフィックス株式会社×イラストノート)

2016年
ACTアート大賞展 優秀賞 受賞展 (The Artcomplex Center of Tokyo)
鯉江桃子 個展 (The Artcomplex Center of Tokyo)
アメリカロサンゼルス グループ展 “Bijinga&Mythology” (BBAX gallery)
鯉江桃子 個展 (GALLERY ART POINT)
山本冬彦推薦作家によるCDジャケットアート展 (Gallery ARK)

2017年
鯉江桃子 個展 (The Artcomplex Center of Tokyo)
POINT-視展- (GALLERY ART POINT)

2018年
KIZUNA 2018 来場者の投票による大賞セレクション展 大賞受賞  (GALLERY ART POINT)
ART POINT Selection Ⅵ (GALLERY ART POINT)
鯉江桃子 個展 (GALLERY ART POINT)

2019年
Art Point Paris展
鯉江桃子 個展 (GALLERY ART POINT)
ピッコリーノ展 -小さな絵画コレクションー (美岳画廊)

2020年
ART POINT Selection Ⅰ (GALLERY ART POINT)
第18回NAU21世紀美術連立展 (国立新美術館)
桃の節句 ひいな遊び展  (銀座美の起源)
GINZA入札販売会 (美岳画廊)
鯉江桃子 個展 (GALLERY ART POINT)
他グループ展の参加

=====

三宅由希子 / MIYAKE Yukiko
instagram.com/m.yu_k/

私は無意識下にある複雑な感情や突如、沸き起こる感性的な映像を絵にしています。中には作品を観て、不快に思う人もいるかもしれませんが、そこに私の潜在的な不安が表れています。
折しも今、世界中で病、暴力、差別、不条理など、不安が蔓延し、争いは絶えません。こんな中、私は不気味な感情を色や線に託します。時に作品は何かを啓示したり、私に問いかけたりする、まさにタロットカードのようでもあります。

◎作家プロフィール
京都生まれ。神戸大学卒業後、一般企業に就職。
その後、神戸大学大学院人間行動・表現学専攻 造形表現論講座に入学。卒業後、復職。
再度、社会人として勤務する傍ら京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程油画領域で学ぶ。2017年博士号取得。
現在、美術教員として勤務しながら、積極的に制作活動も行っている。

◎主な展示歴、活動歴
2007年  2007 昭和シェル美術賞展  代官山ヒルサイドフォーラム/東京 
2008年  2008 昭和シェル美術賞展  代官山ヒルサイドフォーラム/東京
2012年  New Contemporaries  京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/京都
2015年  2015京展  京都市美術館/京都
2016年  個展 ギャラリー ルンパルンパ/金沢
2017年  2016京展  京都市美術館/京都
2018年  池袋アートギャザリング  東京芸術劇場/東京
      個展「フォーチュン・テリング」 sunabaギャラリー/大阪
2019年  SICF20 spiral independent createors fwstival  スパイラルホール/東京 
     新人作家公募展 AFAF AWARDS 2019 福岡アジア美術館/福岡

=====

尾崎里樺 / OZAKI Satoka

生と死や、人間の精神部分など目には見えない物をテーマに制作しています。主に油彩を使用して、表現を模索しながら描いています。

◎作家プロフィール
1998年 埼玉県生まれ
2020年 女子美術大学短期大学部専攻科造形専攻卒業
現在、埼玉県にて制作

◎主な展示歴、活動歴
2018年 中礼内美術村企画公募展はたちのりんかくクサカベ賞受賞/中礼内美術村内 北の大地美術館/北海道
2019年 第28回全日本アートサロン絵画大賞展入選/国立新美術館/東京(巡回:大阪、他)
第87回独立展新人賞受賞/国立新美術館/東京(巡回:大阪、三重、福岡)

=====

佐々木ゆか / SASAKI Yuka
https://twitter.com/yukasartist
https://www.instagram.com/yukasasakiart

ハッと息をのむような誰かの心を浄化するような作品制作を主としています。
そこから派生して現代的なファンタジー要素をもつ色彩と動きのある筆致と併せて追求していきたいです。
人物の他に無形故の水や泡をモチーフにすることで作品の意味によってその様相を変えていき、
より新しいドラマを表現しています。

◎作家プロフィール
1988年 北海道生まれ
2015年 武蔵野美術大学油絵科 卒業
現在 札幌市在住
独立美術協会 会友
全道美術協会 会友

◎主な展示歴、活動歴
2006年 /全道展(’10奨励賞 ‘15奨励賞 ‘17新会友 ‘19会友賞)/札幌市民ギャラリー/札幌 
2007年 /独立展(’19新人賞)
2009 ’11年’19年/サッポロ未来展(’19マツダ賞)/札幌市民交流プラザ他/札幌
2013年/個展/札幌時計台ギャラリー/札幌
2019年/翔展/東京銀座画廊・美術館/東京
2020年/小品展『彩』/北都館ギャラリー/札幌

=====

鈴木ひょっとこ / SUZUKI Hyottoko
http://popomeal.web.fc2.com

海外へのお土産にもなっている家電製品を浮世絵風の色面と線が主体の描画方法で描いた「家電図」や、
国芳の寄せ絵表現を言葉遊びと共に現代風パロディにした「なんチュー人だ」シリーズ等、
クール&ユーモア、今と昔、和と洋といった異質なものを掛け合わせ、アクリルガッシュでキャンバスやパネルに手描きした絵画作品を発表しています。

◎作家プロフィール
画家・イラストレーター
展覧会での発表の他、本の装丁画や劇場公演ポスター原画も手掛ける。
武蔵野美術大学造形学部油絵学科より三年次転学科を経て、
2007年武蔵野美術大学造形学部映像学科アニメーション専攻卒業。
GEISAI#18 入賞
illustration誌(玄光社刊) 第210回・第215回 TheChoice 入選

◎主な展示歴、活動歴
2016年「もののけのから」@白白庵
2016年 書籍「ハナモゲラ和歌の誘惑」笹公人 著(小学館刊) 装画・挿絵
2017年「縁起物展」@Artspace Morgenrot
2018年 「ASYAAF&Hidden Artist Festival 」@東大門デザインプラザ(韓国)
2018年 「天の岩戸開き」の芸能 国立文楽劇場 公演ポスター原画
2019年 個展「黒物家電図市」 @NANJO HOUSE
2019年「ART IT NOW 」/「大酒器展2019」@阪急うめだ
2019年「KOGEI ART FAIR KANAZAWA 2019」@KUMU金沢
2019年 書籍「瞠目笑」林家彦いち著(パイインターナショナル刊) 装画・挿画
2020年 「喜色満開」 @名古屋松坂屋

=====

髙橋 諒 / TAKAHASHI Makoto
https://takahashimakoto.wixsite.com/t-makoto

揺るぎない意志を持ち、実直に生きる人々はいつでも眩しく目に映ります。
その生き様や彼らとの出会いから受けた衝動を描き留めています。

◎作家プロフィール
1991年 岩手県花巻市出身
2016年 東北芸術工科大学芸術学部美術科日本画コース 卒業
2018年 東北芸術工科大学芸術工学研究科修士課程芸術文化専攻日本化研究領域 修了

◎主な展示歴、活動歴
2016年 金谷美術館コンクール2016 金谷美術館大賞 受賞
2017年 第70回岩手芸術祭美術展2017日本画部門 芸術祭賞 受賞
2017年 第17回佐藤太清公募美術展日本画の部 佐藤太清賞 受賞
2018年 個展「That’s reminds me!」アートスペース羅針盤/京橋
2018年 平成29年度岩手県美術選奨 受賞
2019年 個展「Before you know」ギャラリー専/仙台
2019年 「悠々貫々 東北芸工大日本画修了生展」仙台三越/仙台市
2020年 アートフェスタいわて2019 岩手県立美術館/盛岡市
2020年 「東北のいぶき」銀座スルガ台画廊/銀座
2021年 「日本画二人展(仮)」仙台三越/仙台市

=====

玉井佐知 / TAMAI Sachi
http://sachitamai.com

私は人間をテーマに作品をつくっています。
人が動く、走る、子供が笑う、おしゃべりする―
それは何という事のない日常の風景がヒントとなり、布にスケッチをするように線を染めつけ、小さな物語を紡いでいく感覚です。
日本の伝統技法である型染めを用い、独自の染色表現を追求しています。

◎作家プロフィール
1983 大阪府に生まれる
2006 京都精華大学デザイン学部テキスタイルデザイン専攻 卒業
2008 京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程染織専攻 修了

◎主な展示歴、活動歴
<個展>
2007年  染色―型染め 玉井佐知展(石田大成社ホール/京都)
2009年  染色―玉井佐知展(泉の森ホール/大阪)
2015年  玉井佐知展「循環」(ギャラリーマロニエ/京都)
2017年  玉井佐知展「人間をみる」(ホテルアンテルーム/京都)
2019年  玉井佐知展「人物相関図」(ギャラリーなつか/東京)

<団体展、グループ展>
2007~2010年 日展(国立新美術館、京都市美術館)
2007~2012年 日本新工芸展(国立新美術館、名古屋松坂屋美術館、京都市美術館)
2013年 京都府美術工芸新鋭展2013京都美術ビエンナーレ(京都文化博物館/京都)
2017年 渋谷芸術祭2017(渋谷駅構内/東京)
2019年 SICF20 EXHIBITION (スパイラルホール/東京)  

=====

渡辺泰史 / WATANABE Yasushi
http://www.freebird.karuizawa.com

光のある場所には闇もあります。華やかなネオンに彩られた世界の女性をテーマに、眩い光 と儚い闇のコントラストを表現したいと思っています。コロナウィルス問題で一段とダーク なイメージが強まった「夜の街」に対する感覚が自分の中でどのように変わっていくのか? まるで他人事のように楽しみながら制作をしています。素材はアクリル、エアブラシ、石膏 を主としたミクストメディアです。

◎作家プロフィール
1962年東京生まれ、長野県軽井沢町在住
立教大学・経済学部卒業、東京デザイン専門学校・グラッフィックデザイン専攻
現代美術家協会・会員、日本美術家連盟・会員

◎主な展示歴、活動歴
1991~2019年 現展出品 国立新美術館、東京都美術館、大阪市立美術館他
1994~2019年 個展12回開催 ギャルリー志門/東京、/ギャラリー檜/東京、他
1995~2020年 グループ展多数 アートスペース羅針盤/東京、ギャラリー香/大阪、他
2007年 ハートランド軽井沢ドローイング・ビエンナーレ 入選 脇田美術館/長野
2013年 第1回損保ジャパン美術賞展 FACE2013 審査員特別賞
      損保ジャパン美術館/東京
2014年 第70回記念現展 会員賞 国立新美術館
2015年 第71回現展 損保ジャパン日本興亜美術財団賞 国立新美術館
2016年 第4回損保ジャパン日本興亜美術賞展 FACE2016 入選
 損保ジャパン日本興亜美術館/東京
2019年 第3回国際芸術コンペティション アートオリンピア 佳作 東京都美術館 

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.