トップ > 浮世絵 -美人画の19世紀-
  

浮世絵 -美人画の19世紀-

開催期間2010年3月13日(土)~2010年4月4日(日)
会場町田市立国際版画美術館
ホームページhttp://www.city.machida.tokyo.jp/shisetsu/cul/cul01hanga/index.html
住所東京都町田市原町田4-28-1
お問い合わせ先042-726-2771

休館日:月曜日 (ただし3/22は開館)3/23
時間:10:00~17:00 土・日・祝日は17:30まで(最終の入館は閉館30分前まで)

「美人画」という言葉から、皆さんはどんなことを連想されるでしょうか?一瞬の表情やポーズの美しさを見事にとらえた喜多川歌麿の「大首絵」、庶民の日常をいきいきと描いた風俗図、鹿鳴館時代のファッション、あるいは歴史に名を残した女性の姿などなど……。そんな美人画の魅力を一望する展覧会が、「浮世絵 ―美人画の19世紀―」展です。

19世紀とは、江戸時代から明治時代にいたる変転の時代でした。爛熟した江戸文化が黒船来航の波にゆり動かされ、徳川幕府の滅亡後は文明開化が進み、世紀末には日清戦争に勝利、日本は世界列強の仲間入りを果たします。浮世絵の世界においては、歌麿が幕府の取り締まりで筆を折った事件のあと、歌川国貞(のちの三代歌川豊国)、渓斎英泉らが生活感ただよう作品で人気者となり、明治に入ってからは月岡芳年、豊原国周、橋本周延らがニューモードを描いた100年といえます。以上のような美人画の名手が続出した時代、それが19世紀でした。美人画を描いたのはこれらの絵師のみではありません。「東海道五拾三次」でおなじみの歌川広重も、黒目がちで鼻筋の通った、特徴ある女性像を残しています。

この展覧会では、浮世絵のすぐれたコレクションで有名な千葉市美術館から、歌麿の作品5点をふくむ美人画39点が特別出品されます。さらに、国際版画美術館の所蔵作品を厳選して紹介し、美人画の100年をたどります。総点数は約120点、たっぷりとお楽しみください。

喜多川歌麿「江戸高名美人 木挽町新やしき 小伊勢屋おちゑ」寛政4、5年(1792、93)頃 千葉市美術館蔵

喜多川歌麿「江戸高名美人 木挽町新やしき 小伊勢屋おちゑ」
寛政4、5年(1792、93)頃 千葉市美術館蔵


橋本周延「真美人 十四」 明治30年(1897) 町田市立国際版画美術館蔵

橋本周延「真美人 十四」
明治30年(1897) 町田市立国際版画美術館蔵


月岡芳年「風俗三十二相 はづかしさう 明治年間むすめの風俗」 明治21年(1888) 町田市立国際版画美術館蔵

月岡芳年「風俗三十二相 はづかしさう 明治年間むすめの風俗」
明治21年(1888) 町田市立国際版画美術館蔵


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.