トップ > 特集 > おどろきのストリートアート ~街中が美術館に大変身!~

2012.02.21

おどろきのストリートアート ~街中が美術館に大変身!~

テーマ:デザイン  | カテゴリー:デザイン  

一歩間違えれば「落書き」ととらえられてしまいがちなストリートアートですが、世界を見渡してみれば「落書き」の域を優に超える作品がいっぱい!ストリートアートを巡るツアーが企画されたり、高額な金額で落札されるなど、歴史的名画に負けず劣らずの影響力を誇っているものもあります。そこで今回は、社会性溢れるメッセージをつきつける作品から街中動物園まで、町行く人を異次元の世界に引き込んでしまう、驚きのストリートアートをご紹介します!

社会をシニカルに見つめる“落書き”

おどろきのストリートアート ~街中が美術館に大変身!~のサブ1写真【大】

(CC) Some right reserved

防弾チョッキを着た、平和の象徴・白いハト。まるで「平和」という大義名分を盾に、世界各地で争いを起こしていることへの風刺ともとれるこちらの作品は、イギリスを中心に活躍している世界的グラフィティアーティスト・バンクシーの作品です。
社会的メッセージを含んだストリートアートは少なくありませんが、彼が取り分け長けているのはそのウィットとユーモアに富んだ表現力。どこか「分かる分かる!」とうなずいてしまいそうなイラストたちは、目で楽しむだけでなく、私たちに新たな視点も与えてくれます。