トップ > 特集 > おどろきのストリートアート ~街中が美術館に大変身!~

2012.02.21

おどろきのストリートアート ~街中が美術館に大変身!~

テーマ:デザイン  | カテゴリー:デザイン  

チョークだけで描かれたファンタジーワールド!

おどろきのストリートアート ~街中が美術館に大変身!~のサブ1写真【大】

(CC) Some right reserved

道路のど真ん中に出現した池で巨大な魚を釣ろうとしている男…。まるで本物の池のように見えますが、実はこれ、すべてチョークで描かれたイラストなのです。

岩や水の質感を見てもリアルそのもの。しかし何より驚きなのは、その見事な立体感ではないでしょうか。この作品を作ったのは、3Dアーティストの第一人者と言われているジュリアン・ビーバーさん。路上のピカソとも称されているそうで、チョークで描かれているがゆえに2、3週間後には消えてしまうにも関わらず、数百万円もの値がつけられたこともあるのだそうです。