特集

2012.11.01

MIZUMA ART GALLERY ミヅマアートギャラリー

テーマ:  | カテゴリー:現代アート  

MIZUMA ART GALLERY ミヅマアートギャラリーのメイン写真

指江昌克展「見えざる手」(2.29–3.31) 展示風景

会田誠、山口晃、天明屋尚、鴻池朋子…。強烈な個性を放つアーティストを取り扱う ギャラリーオーナー三潴末雄氏に“日本固有の現代アート”について聞いた。

Interviewed Mr. Sueo Mizuma, the owner of Mizuma Art Gallery that represents artists with strong characters including Makoto Aida, Akira Yamaguchi, Hisashi Tenmyouya, and Tomoko Konoike, asking about “contemporary art of Japan”.

“ヴァナキュラー・アート”-その土地でしか生まれないアートがある

 作家を選ぶ基準について尋ねると「独断と偏見のみ!」ときっぱり回答する三潴末雄氏。だが、現代アートに対する独自の思想について話を聞くと、ミヅマアートギャラリーの所属作家に対し、我々が一般的に抱いている“日本的な”というイメージには、表向きの表現には留まらない、もっと根源的な問いが潜んでいるようだ。  明治以降、美術に限らず、あらゆる分野で外来文化をひたすら受容する立場にあった日本。もちろん、三潴氏も若い頃から、西洋哲学や欧米のアートに触れ、享受してきた世代だ。しかし、ある時から、それらは欧米の文化をそのまま翻訳しただけのものであり、所詮はまねごとでしかないことに気づき始めた。そして、古神道など日本に古来より存在するオリジナルなものとの出会いにより、その土地固有の文化に目を向けることの重要性を問うようになる。

「その土地の気候に合った植物や花が生息するように、アートもその土地の温度や湿度を含んだ、その風土に合ったものが自然に生まれ出てくるはず。そういった日本固有の表現を、世界に向けて発信していく必要がある」。

そう語る三潴氏が、直感的に面白いと感じて集めた作家たちは、共通してその思想を体現している作家ばかりだ。  昨年は、デパートで「ジパング展」と題された現代アートの展覧会を企画開催するなど、ギャラリスト以外にもキュレーターとして幅広く活動している三潴氏。全国に店舗を構えるデパートで、地方にも現代アートを見せる機会をつくりたかったのだという。日本の現代アートを海外に向けて発信することも重要だが、まずは、日本人自身が理解し、作家を買い支えていく必要があるという。  三潴氏が提示する日本固有の現代アートを通して、日本人が問い直すべき日本特有の文化とは何か、が見えてくる。

*1 ヴァナキュラー(Vernacular)=その土地固有の

I asked Mr. Mizuma what his criteria are for selecting artists and he answered firmly, “solely my personal preferences!” His own philosophy of contemporary art seems to be asking the fundamental question of “Japanese” which underlies the expressions used by the artists of his gallery. Japan has been in a position, just receiving foreign cultures including visual arts and in many areas after Meiji era. Mr. Mizuma is also in the generation that exposed to the western philosophy and art, and enjoyed them. One day he realized that they were merely the translation of western culture and imitation after all. Then he met original cultures that are traditional to Japan and started put more value focusing on the native culture.

“As plants and  owers which inhabit the region match the local climate, arts suitable to the environment would be naturally developed within the local temperature and humidity. These particular expressions are the ones we should share with the rest of the world.”

Every artist that caught his eyes shares such philosophy of art. He curated a contemporary art exhibition titled “Zipangu” at a department store last year. He has been involved in a variety of curatorial works other than running a gallery. Mr. Mizuma said that he wanted to create opportunities to view art in many regions of the country by collaborating with a national department store. It is important for us to share Japanese contemporary art with the world, but Japanese people must understand the value ‚rst and support the artists by purchasing such works. Mr. Mizuma shows us Japanese culture which we should reconsider through his selection of unique Japanese contemporary art works.

MIZUMA ART GALLERY ミヅマアートギャラリーのサブ2写真【大】

ギャラリー内には和室の展示スペースも

  • MIZUMA ART GALLERY ミヅマアートギャラリーのサブ2写真【小・左】

    ギャラリーオーナー|三潴末雄氏

MIZUMA ART GALLERY
http://mizuma-art.co.jp

東京都新宿区市谷田町3丁目13 神楽ビル 2F
11:00–19:00 休廊日|日・月・祝日
T. 03–3268–2500

supported by
コンテンツ提供元:株式会社タグボート