特集

2010.12.14

ファインダーから覗いた、『ノルウェイの森』 ~木村伊兵衛写真賞作家・岡田敦インタビュー~

テーマ:トレンド  | カテゴリー:  写真  映画  

登場人物をリンクさせる写真世界

「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している」。小説のなかでそう語られるように、『ノルウェイの森』には、いくつもの「死」が登場する。菊地凛子演じる直子も、その匂いを纏う一人。岡田には、「朝目を覚ましたワタナベが、療養所の鳥小屋で動物の世話をしている直子の姿を想像している」というシーンがお題として与えられた。つまり、ワタナベが想像する世界を、岡田が想像して表現するという構図になる。

「小説上でワタナベが想像する直子の姿は、小さな動物たちと触れ合っていて、楽しげなイメージとして描かれている。でも、このガイドブックで作品世界を表現するためには、直子の悲しみや孤独を撮るほうがいいのでは。そう考え、直子の心のなかを表現することにしたんです」

今回の撮り下ろしにあたり、岡田は撮影だけでなく、自ら写真ページの構成や展開も手掛けた。そうして紡ぎ出された全6ページにわたる直子の再現シーンは、岡田の作品世界そのものといえるものに仕上がった。

ファインダーから覗いた、『ノルウェイの森』  ~木村伊兵衛写真賞作家・岡田敦インタビュー~のサブ1写真【大】

「直子は、“死に近づいていくものの象徴”。それと対比して、緑は“死に近づかないものの象徴”として表現しました。当初の依頼は『各人物のシーンを撮る』という内容でしたが、3人をどこかでリンクさせ合いながら『ノルウェイの森』の世界観を表現したかったからです」

その対比は、たとえば2人の足がそれぞれ写されているカットに表れている。裸足で枯葉のうえに立つ直子。一方の緑は、鮮やかな自然のなかで、カラフルな装いを身に着けている。ミニスカートも印象的だ。しかし、決して、快活なイメージではない。
「“生の象徴”として、緑を捉える人も多いかもしれません。でも僕は、危うい感じや、淋しさの中で気丈に振舞っている健気な印象も受けました。その両面を表現したのが、緑のページです」

ファインダーから覗いた、『ノルウェイの森』  ~木村伊兵衛写真賞作家・岡田敦インタビュー~のサブ2写真【大】

緑をはじめ、3人の衣装にも徹底的にこだわったという。
「上着はこういう色で、こんな素材で、スカートは短くて、とスタイリストさんに嫌がられるくらいに細かく指定しました(笑)。特に緑の場合は、絶対に赤い帽子をかぶってほしかったんです」
小説を読んだひとにならばわかる、そして“ハルキスト”と呼ばれる村上ファンがニヤリとする仕掛け。それを探すのも、このガイドブックの楽しみの一つだといえるだろう。

「緑の横にさりげなく置いてあるのは、ワタナベが読んでいる『グレート・ギャツビィ』です。彼ならば、デートのときでも本を持っていくんじゃないか、と。細かい演出すぎて、誰も気付かないと思いますが(笑)。その本は、ワタナベのページにも登場してリンクしています」

そして松山ケンイチ演じるワタナベの撮影でも、“運命”の導きによって、一つのリンクが生まれた。

>>松山ケンイチと、ワタナベ、そして映画について