トップ > 特集 > 作りこんだ写真は好きではない。|タカ・イシイギャラリー

2012.11.02

作りこんだ写真は好きではない。|タカ・イシイギャラリー

テーマ:GALLERY GUIDE  | カテゴリー:写真  現代アート  

Taka Ishii Gallery 

トーマス・デマンドや荒木経惟など、現在、美術館で個展を開催中の話題作家を数多く抱える タカ・イシイギャラリー。オーナーである石井孝之氏に写真の魅力について聞いた。
Taka Ishii Gallery represents many hot artists including Thomas Demand and Nobuyoshi Araki . Interviewed the owner of the gallery, Takayuki Ishii about his fascination with photography

写真表現の多様性や奥深さを教えてくれるギャラリー
A gallery that shows us the diversity and depth of photography

作りこんだ写真は好きではない。|タカ・イシイギャラリーのサブ1写真【大】

荒木経惟 「写狂老人Aのフィルム・ノスタルジー」 展示風景 タカ・イシイギャラリー東京 2011年5月7日–5月28日 Courtesy of Taka Ishii Gallery / Photo. Kenji Takahashi

  • 作りこんだ写真は好きではない。|タカ・イシイギャラリーのサブ1写真【小・左】

    村瀬恭子の大作とともに石井氏 写真に強いギャラリーというイメージがあるが、国内外の作家の平面作品や立体作品など幅広く取り扱う。

  • 作りこんだ写真は好きではない。|タカ・イシイギャラリーのサブ1写真【小・右】

    荒木経惟 「写狂老人Aのフィルム・ノスタルジー」 展示風景 タカ・イシイギャラリー東京 2011年5月7日–5月28日 Courtesy of Taka Ishii Gallery / Photo. Kenji Takahashi

 10年間滞在したアメリカから舞い戻ってきた石井孝之氏が東京・大塚にギャラリーをオープンしたのは1994年。写真が作家にとって表現の一つとなりつつあった時代で、海外でも面白い作家が続々と登場し、新たな表現手段としての可能性を感じたという。
 「作りこんだ写真は好きではない。」ときっぱり答える石井氏は、開廊以来、ストレート写真*1にこだわって作家を選んでいるという。現在は、技術が進歩し、撮影後でもデジタル写真の加工は、いくらでも可能だ。しかし、そんな時代だからこそ、一切、デジタル技術を用いず、シャッター一発で勝負する作家の作品に魅力を感じるという。  一方で、近年は戦前戦後の作家の発掘にも力を注いでいる。現在では、あまり知られていない有名無名の写真作家たちの中には、現代にも通ずるコンセプチュアルな表現などが見られ、逆に新しく新鮮に感じられるのだという。海外のアートフェアで、過去の作家と現代作家の作品を並べて展示したり、2011年3月にオープンした六本木のスペースでは、美術館では紹介されないような作家も取上げ、発表の機会を積極的に設けている。「現代作家の多くも過去の写真作家から少なからず影響を受けている。その歴史を紐解くことで、過去から現在へと繋がる日本の現代美術の新たな文脈を提示したい。」と力強く語ってくれた。
 始まったばかりの展覧会「過去・未来 写狂老人日記1979年–2040年」は、開廊以来の付き合いとなる荒木経惟の19回目となる個展だ。写真に写された世界は、常に過去の出来事であり、2040年というタイトルは妙な感じだが、実はこれ、カメラの日付設定が最大で2040年まで設定できるところからきている。同時にそれは、荒木が100歳を迎える年でもある。荒木の魅力について石井氏は、「写真になっちゃた人」と表現する。レンズを通して世界を見つめる行為自体、必然的に客観性を伴うものだが、荒木は、日常、生活全てが写真そのものになってしまった希有な作家だと語る。6,000点にも及ぶポジフィルムを一堂に展示するという大胆なこの展覧会が、石井氏が語るその言葉の意味を明らかにしてくれるに違いない。

*1 ぼかしや合成といった技巧を用いることなく、見たままが撮影された写真作品、または表現手段。

Aer spending 10 years in the U.S., Takayuki Ishii opened his gallery in Otsuka, Tokyo in 1994. As photography was gaining its presence as one of the means of expression, interesting artists were emerging overseas. He sensed the possibility of photography as a new medium of expression.
“I don’t like manipulated photographs.” Ishii said ­rmly. Aer its opening, the gallery has been selecting artists only those who create unedited photos. With advanced technology, we have so many ways to process the digital photos. ‚at is why he is more fascinated by the works of artists who can play with unprocessed photos.
He is also putting his energy into finding pre and post war artists. Both well-known and unknown photographers in these periods have conceptual expressions which can be shared with the current artists and he finds them quite new. He displays works of past and current artists side by side at the overseas art fairs. At one of his gallery in Roppongi opened March 2011, he provides opportunities to show the works by artists who are unlikely to be picked up by the museums. “Most of the current artists are somewhat influenced by the past artists, I would like to display a new context of Japanese contemporary art by showing its history. Ishii said.
‚e current exhibition at the gallery is titled “Past Tense Future, 1979 – 2040”. It is the 19th solo exhibition by Nobuyoshi Araki who has been working with the gallery since its opening. ‚e world captured in photograph is inevitably the past events. ‚e year 2040 in the title seems to be a bit odd, but it comes from the last year settable for a camera. Also, Araki will be 100 years old in 2040. Ishii describes Araki as “a man became a photograph”. Looking the world through a lens requires objectivity. He said that Araki is a rare artist whose everyday activities and even his whole life have become the photograph itself. ‚e exhibition presents approximately 6,000 positives. It surely tells you what Ishii meant.

作りこんだ写真は好きではない。|タカ・イシイギャラリーのサブ2写真【大】

ギャラリーオーナー|石井孝之氏

Taka Ishii Gallery
www.takaishiigallery.comp
東京都江東区清澄 1–3–2 5F T. 03–5646–6050
12:00–19:00 休廊日|日・月・祝祭日

荒木経惟「過去・未来 写狂老人日記 1979年–2040年」
5.25–6.23 タカ・イシイギャラリー(東京・清澄)

作品集|『過去・未来 写狂老人日記 1979年–2040年』
タカ・イシイギャラリー刊|2012年5月25日刊行予定
『To The Past』LITTLE BIG MAN刊|2012年5月25日刊行予定

supported by
コンテンツ提供元:株式会社タグボート