トップ > 特集 > シンガポールに新店オープン|小山登美夫ギャラリー

2012.11.02

シンガポールに新店オープン|小山登美夫ギャラリー

テーマ:GALLERY GUIDE  | カテゴリー:現代アート  

TOMIO KOYAMA GALLERY 

アートマーケットの牽引者 小山登美夫氏に聞く 現代アートシーンの過去・現在・そして未来
Interview with Tomio Koyama, one of leaders in Art Market Past, Current Art Scene and its Future

日本の現代アートの黎明期を乗り越え、今や日本を代表する国際的ギャラリーへ
Went through the dawn of contemporary art in Japan, becoming one of the major international galleries in Japan

シンガポールに新店オープン|小山登美夫ギャラリーのサブ1写真【大】

現在、8件のギャラリーが入居する清澄白河の丸八倉庫ビル。 その最上階に位置する小山登美夫ギャラリーにて、小山登美夫氏。

 今日の日本において、これほどまでに現代アートが流行ることを20年前に一体誰が想像しただろうか?小山登美夫氏は、その歴史の一端を担ってきた立役者の一人である。
現代美術や映画などサブカルチャーに傾倒し始めた10代後半、当時は、現代美術が見られる美術館すらほとんどなく、唯一実際の作品を見られる画廊に通っては、ジャスパー・ジョーンズやジャクソン・ポロックなどの作品に触れていたという小山氏。大学卒業後、画廊勤務を経て、1996年に江東区佐賀町に小山登美夫ギャラリーをオープン。しかし、バブル崩壊後の日本のアートマーケットは変わり果てていて、開廊して5年は一番大変な時期だったと語る。今では、世界的アーティストである村上隆や奈良美智は、そんな開廊当時の苦労をともにした仲でもある。当初より、海外に活路を求め、日本のギャラリーとして初めてニューヨークのグラマシーアートフェアに参加。もちろん、欧米のコレクターに日本人作家を知る人は、ほとんどいなかった。しかし、意外にも作品はよく売れたという。「フロンティア・スピリットを持ったアメリカ人は、新しいものに価値を見いだすことへの経験が豊富。日本人作家であることに関係なく面白いと思ったものを気に入っては買ってくれた。」当時から活況なアメリカのマーケットの様子をそう振り返る。
 現在は、日本のギャラリーにとって、マーケットが国内だけでなく海外へも広がり、その活動領域はぐんと広がった。しかし、アジアの新興国に比べるとマーケットの差は歴然としているという。「アジア各国が、今までは、経済を立て直すことに躍起になってきたが、次は文化だという流れが起きている。」今年は、アジア地域のトップギャラリーが入居するシンガポールのギルマン・バラックスに新たな支店をオープンする小山登美夫ギャラリー。アートマーケットの第一線で活動し続けてきた小山氏が語る現場の声は、日本の現代アートの歴史そのものであり、ギャラリーの新たな展開は、その未来を示唆しているようだ。

Who could have imagine that contemporary art would become so popular 20 years ago? Tomio Koyama is one of the key players of the development of the market.
He became attracted to contemporary art and subculture including movie in his late teens. Hardly any museum exhibited contemporary art, so he oen visited the only gallery where he could actually look at the works by Jasper Jones and Jackson Pollock and the like. After graduating from university, he worked for a gallery then opened Tomio Koyama Gallery in Saga-cho, Koto-ku, 1996. However, the Japanese art market experienced the bubble economy crash, and significantly changed, so the operation in the rst ve years was the toughest, he says. He went through the tough times together with Takashi Murakami and Yoshitomo Nara, now the two worldfamous artists. Looking for opportunities overseas, his gallery participated in the Gramercy International Art Fair for the rst time from Japan. Collectors from Europe and America were not familiar with Japanese artists at that time, but the works sold well. “American people have the frontier spirit, and always enjoy finding a value with something new. If they like the piece, they bought it whether it’s made by a Japanese or not.”He talked about the brisk market in America of those days as such.
Currently, Japanese galleries are expanding their business operation and opportunities domestically and overseas. However, the Japanese market situation is said to be quite different from that of the rising countries in Asia.“Asian countries were eager to restore their economy, and now going for culture.”Tomio Koyama Gallery will open a new branch in Gillman Barracks, Singapore, where the leading galleries from Asia operate. Mr. Koyama, as a pioneer of the market, has voiced opinion from the eld, which is Japanese contemporary art history itself. And the new development of the gallery seems to project its bright future.

シンガポールに新店オープン|小山登美夫ギャラリーのサブ2写真【大】

風能奈々展(4.21– 6.2)展示風景

小山登美夫ギャラリー
www.tomiokoyamagallery.com
東京都江東区清澄1– 3– 2– 7F(丸八倉庫ビル)
T. 03– 3642– 4090
12:00 – 19:00 休廊日|日・月・祝祭日

小山登美夫著書
「現代アートビジネス」(アスキー新書)
「この絵,いくら?」(講談社)
「何もしないプロデュース術」(東洋経済新報社)

supported by
コンテンツ提供元:株式会社タグボート